蒼井優、自分を魔女宅のキキだと信じ込み…小学生時代をふり返る

アニメーション映画『ペンギン・ハイウェイ』の完成披露舞台挨拶が先日行われ、蒼井優や西島秀俊らキャストが登壇。イベントには、“ゲスト”として本物のペンギンも登場し、会場を沸かせていた。

最新ニュース
『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶(C) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
  • 『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶(C) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
  • 『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶(C) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
  • 『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶(C) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
  • 『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶(C) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
  • 『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶(C) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
  • 『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶(C) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
  • 『ペンギン・ハイウェイ』(c) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
  • 『ペンギン・ハイウェイ』(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
アニメーション映画『ペンギン・ハイウェイ』の完成披露舞台挨拶が先日行われ、蒼井優や西島秀俊らキャストが登壇。イベントには、“ゲスト”として本物のペンギンも登場し、会場を沸かせていた。

>>『ペンギン・ハイウェイ』あらすじ&キャストはこちらから

■観客へ初のお披露目! 「背中を押される作品」


本作は、森見登美彦の小説をアニメーション映画化したもの。少年アオヤマ君役で声優初挑戦を果たした北香那は、「こうして皆様にお披露目できる日を楽しみにしていたのでとても嬉しいです!」と述べ、お姉さん役の蒼井さんは「『ペンギン・ハイウェイ』の船出を皆さんと一緒に楽しめたらと思います!」と挨拶。観客へ初のお披露目となるこの日。北さんは「感動、冒険、憧れだったり、全てが詰まった作品です。皆さんもきっと暖かくなって帰っていただけるのではないかと思います」と話し、「10歳の男の子の声のトーンや仕草がわからなかったので、同年代の妹の授業参観に行って学び、アフレコに挑みました」と役作りを明かした。

『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶(C) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
また蒼井さんも「見終わった後に、過去に置いてきたモノクロの時間に、色が戻った気持ちになる。そんな背中を押される作品」と本作について明かし、役柄についても「今回、とても難しいなと感じていたのですが、しっかりした、自分を持っているお姉さんの役をいただくことが少ないと気づきました。私は誰かに寄生している役が多いので(笑)」と語ると、会場から大きな笑いが。


■蒼井優&西島秀俊らの“小学生”は…


一方、本作の主人公は小学4年生の男の子ということで、それぞれ“どんな小学生だったか”と、キャスト陣に問う場面も。やんちゃだったという北さんからは、「夏休みの前日に鍵を空けておいて、休みの間に入ったり(笑)」といったエピソードが飛び出し、蒼井さんは「『魔女の宅急便』が好きだったんですけど、家に赤いカチューシャと黒いワンピースがあるのに気づいて、自分がキキかもしれないと信じ込んで、家に1人のときにベランダでデッキブラシにまたがって『……飛べ!』って(笑)。本気で信じていたんです。そんな子どもらしい子どもでした」と可愛らしい思い出を披露。

『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶(C) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
劇中でアオヤマ君のお父さんを演じた西島さんは、「僕は3月末生まれなので、小さくて色んなことができない子どもでしたが、1度夜にこっそり家を抜け出して、走りまわったりしました」と話すと、アオヤマ君の同級生・ハマモトさんのお父さん役を演じた竹中直人から「たいしたことないね(笑)」とツッコミ! 

『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶(C) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
そんな竹中さんは、老人のモノマネで会場を沸かせつつ、「私は漫画家になりたいと思っていました。運動会とかでも走るのが速かったんですが、ただ1番になるのが恥ずかしくて逆走してしまうような屈折した子どもでした(笑)」とふり返った。

『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶(C) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

■かわいいゲスト登場にほっこり


そしてこの日は、“素敵なゲスト”が登場。MCからの呼び込みで登場したのは、ペンギンのぬいぐるみとコーラ缶の入ったボックス。会場からどよめきが起こる中、キャストが一斉にボックスにCO2を吹きかけると…なんと本物のペンギン3羽が登場! 「腕組んでる、かわいー!」(蒼井さん)、「かわいい! かわいい!」(北さん)とキャストたちも大喜び。“普通の住宅街に突如ペンギンが出現する”という劇中の不思議な現象が、ここ映画館で再現された。

『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶(C) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
また、本作の主題歌「Good Night」を担当した宇多田ヒカルから「謎の魅力。大人のズルさ。そんなことを感じながら原作を読ませていただきました。映画の公開を楽しみにしています」と本作へエールを贈るコメントも発表されていた。

『ペンギン・ハイウェイ』は8月17日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top