勝地涼、『銀魂2』で将ちゃんに! “器用俳優”の大化けに期待

最新ニュース

勝地涼/『パワーレンジャー』ジャパンプレミア
  • 勝地涼/『パワーレンジャー』ジャパンプレミア
  • 『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • 『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • 勝地涼
  • 『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • 『銀魂2(仮)』(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2(仮)」製作委員会
  • 『銀魂2(仮)』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2(仮)」製作委員会
  • 『銀魂2(仮)』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2(仮)」製作委員会
勝地涼が、8月17日(金)公開の小栗旬主演×福田雄一監督『銀魂2 掟は破るためにこそある』で“将ちゃん”こと将軍・徳川茂茂を演じることになった。

今作で描かれるのは、「銀魂」史上最もアツい「真選組動乱篇」と最も笑える「将軍接待篇」のハイブリッドというだけに、双方のキーパーソンとなる“将ちゃん”は、いわば影の主役ともいえる存在だ。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
映画においても、原作やアニメではお馴染みの「将軍家は代々もっさりブリーフ派」をぶちかます可能性は高く、勝地さんが演じる“将ちゃん”には期待の声が高まっている。イケメンなのに、コミカルな役柄のイメージが年々増してきている勝地さん。ふり返れば意外なほどに硬派なキャリアの初期から、その変遷と活躍ぶりに迫った。

硬派な問題作・超大作で注目を集めた10代


1986年8月20日生まれ、東京都出身の勝地さんは、2000年にスペシャルドラマ「千晶、もう一度笑って」でデビュー。連続ドラマ初出演となったのは渡部篤郎の少年時代を演じた同年の「永遠の仔」(天童荒太原作)で、児童虐待をはじめとする現代家族の闇に深く斬り込んだ、当時とすればかなり挑戦的な問題作において、椎名桔平の少年時代を演じた浅利陽介らとともに鮮烈な印象を放った。

歌手を志す青年・マサル役の勝地涼『少年メリケンサック』(2009)より
スクリーンデビューは『世にも奇妙な物語 映画の特別編』の1編『携帯忠臣蔵』。その後は、岩井俊二監督の『リリイ・シュシュのすべて』、深作欣二&深作健監督による『バトルロワイヤルII』に出演し、実力ある若手として認知され始めると、2005年には小泉今日子&鈴木杏共演の『空中庭園』(監督:豊田利晃)、伊藤英明&ミムラ共演『この胸いっぱいの愛を』(監督:塩田明彦)に相次いで出演、そして大作『亡国のイージス』に大抜擢される。

勝地さんは、主演の真田広之をはじめ中井貴一、寺尾聡、佐藤浩市ら日本を代表するキャストたちの中で、キーパーソンとなる若き海上自衛官・如月(きさらぎ)を熱演し、アクションも披露、第29回日本アカデミー賞新人賞を受賞した。勝地さんが演じた如月と真田さんが演じた上官の先任伍長・仙石は好きな絵を描くことで繋がり、まるで父と子のような師弟関係は高い共感性を物語に持ち込んだ。


近年こそ、福田作品や宮藤官九郎作品、さらに2014年から4年以上務めた「プロミス」のCMなど、素に近い(?)陽気でコミカルなキャラクターで人気を博しているが、同作で演じた影のある如月の精悍な顔つきは印象的だった。

きっちり仕事を果たす若き実力派として引っ張りだこ


以降も、テレビドラマでは「さよなら、小津先生」「小児救命~子どもたちのために。その未来のために~」「ハケンの品格」「東京DOGS」「ど根性ガエル」「おかしの家」「レンタル救世主」など、映画では主演作『阿波DANCE』や『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』『小川の辺』『北のカナリアたち』など話題作に多数出演。

『阪急電車』('11)ではパンクファッションの軍事オタクな大学生を、野草オタク女子大生役の谷村美月とともに好演。『バンクーバーの朝日』('14)では得意の野球を披露し、東出昌大の親友役を演じた『クローズEXPLODE』('14)では一糸まとわぬ姿で銭湯での“戦闘”シーンにも挑んでいた。

妻夫木聡&勝地涼&上地雄輔&宮崎あおい/『バンクーバーの朝日』ジャパン・プレミア『バンクーバーの朝日』ジャパン・プレミアより
蜷川幸雄、いのうえひでのり、野田秀樹などの舞台作品も数多く、昨年は笠原秀幸と立ち上げたユニット「ともだちのおとうと」の記念すべき第1回公演「宇宙船ドリーム号」を、『舟を編む』『バンクーバーの朝日』の石井裕也監督のオリジナル脚本・演出により実現させたばかり。

また、イケボでもあるため、岩井監督初のアニメ長編『花とアリス殺人事件』('15)の声優や、ハリウッド大作『パワーレンジャー』('17)では日本語吹き替えにも抜擢され、多岐にわたる仕事ぶりは彼の実力を十分すぎるほどに裏づけている。

『パワーレンジャー』公開アフレコイベント(c)2016 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

宮藤官九郎『少年メリケンサック』でまず弾ける!?


そんな中、2009年には、宮崎あおいに佐藤浩市、田口トモロヲ、ピエール瀧、ユースケサンタマリア、三宅弘城ら豪華キャスト陣とともに、暴走する中年オヤジパンクバンドを描いた『少年メリケンサック』に参加。宮崎さん演じるレコード会社の崖っぷちOL・かんなの、歌手志望の“クズ彼氏”スガマサルを演じた。マサルの自作バラード「さくららら」はいかにもダサくてイタい曲で売れそうもなく、彼は実質“ヒモ”状態。かんなのコネでデビューを目論んでいたのだが、最後には…。

『少年メリケンサック』会見にて(左から)宮藤官九郎、勝地涼、田口トモロヲ、宮崎あおい、木村祐一、三宅弘城、ピエール瀧『少年メリケンサック』会見にて
勝地さんは当時の完成披露試写会で「歌がめちゃくちゃ下手なので、一生懸命やりました。歌の歌詞も惜しい感じですが、僕の歌声も惜しい感じです」と謙遜。初日舞台挨拶でも歌下手アピールをしたことから、共演者たちに乗せられ、急きょ舞台上で歌声を披露することに。こうして個性豊かなベテラン勢にイジられつつも、クドカンワールド全開の中でしっかりと足跡を残していた。

盟友・小栗旬、綾野剛らと一途な青春!
『シュアリー・サムデイ』


小栗旬の初監督作として話題を呼んだ2010年公開の本作には、小栗さんの“ファミリー”ともいうべきキャストやスタッフが勢揃い。勝地さんは、小出恵介、綾野剛、鈴木亮平、ムロツヨシとともに仲良し男子5人組に。バンドあり、サスペンスあり、淡い恋ありの、それこそ高校の文化祭のように盛りだくさんな物語で、それぞれが大ブレイク前夜のキラキラをふりまきながら実に楽しそうに快演。勝地さんも、お調子者で小心者だが、誰よりも仲間思いのムードメーカー男子を喜々として演じていた。

『シュアリー・サムデイ』 -(C) 2010「シュアリー・サムデイ」製作委員会『シュアリー・サムデイ』より
同作は第20回「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」のオープニングを飾っており、その舞台挨拶では、最年少の勝地さんと最年長のムロさんが劇中の絆とは打って変わって、よく喧嘩をしていたことが明かされた。なんでも、勝地さんが「あんたとはやってらんねーよっ!」とムロさんにキレていたのだとか。ちなみにムロさんは、『銀魂2』でも江戸一番の発明家を自称するカラクリ技師・平賀源外を続投する。

たった1話の登場で伝説に…
「あまちゃん」の“前髪クネ男”


そして2013年には、宮藤さん脚本で“朝ドラ”の新たな時代を築いたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」だ。実は勝地さん、大河ドラマは宮崎さん主演の「篤姫」(’08)でジョン万次郎、綾瀬はるか主演の「八重の桜」('13)では凛々しい白虎隊兵士・山川健次郎を演じ、さらに2019年の宮藤さん脚本作「いだてん ~東京オリムピック噺~」と3作品に出演するが、朝ドラはこの「あまちゃん」のゲスト出演1回のみ。

演じたのは、アイドルダンスチーム「ZOO STREET BOYS」のメンバーで、劇中映画『潮騒のメモリー~母娘の島~』でアキ(能年玲奈、現・のん)の相手役となるTOSHIYA。常に手鏡で前髪をチェックしながら、腰を前後にクネクネと振っているため、アキが“前髪クネ男”と密かにあだ名をつけたのだ。なんと、「もっと腰を振ったら」と勝地さんにアドバイスしていたのは、同作で伝説的プロデューサーを演じていた古田新太だったという。

この“前髪クネ男”はクセの強いキャラが視聴者に強烈なインパクトを与え、本放送時にも、BSの再放送の際にも見事トレンド入り。以来、勝地さんの代名詞となり(?)、同時期の月9ドラマ「SUMMER NUDE」をはじめ“三枚目”キャラが定着していく要因となっていく。

また、宮藤さんとは「オールナイトニッポンGOLD」の人気コーナーがきっかけとなって、2014年、宮藤さんプロデュース・YO-KING(真心ブラザーズ)作曲により「涼 the graduater(リョウザグラデュエーター)」名義で歌手デビューすることに。


翌2015年には同様の企画で、「勝 勝次郎」名義でCDも発売。作曲は「クレイジーケンバンド」の横山剣が担当し、さらに“器用”な一面を披露した。



福田作品『コドモ警察』
大人コドモの中のコドモな大人に


人気子役の鈴木福、本田望結らが、悪の組織によって子どもにされてしまった神奈川県警・特殊捜査課のエリート刑事たちを演じた『コドモ警察』は、テレビドラマ('12)が大好評を得たことから映画化が実現。『銀魂』の福田監督が脚本から手がけている。

鈴木福&本田望結&鏑木海智&青木勁都&秋元黎&相澤侑我&竜跳&福田雄一監督/『コドモ警察』DVDリリース記念イベント『コドモ警察』DVDリリース記念イベント
福くん演じるデカ長の「なにぃっ!」や、ナベさん、ブル、スマートといった刑事のニックネームなど、往年の名刑事ドラマをパロディにしながら、“でも、子ども”、というギャップが笑いを誘った。勝地さんが演じたのは、特殊捜査課に配属された新人刑事・国光。子どもになってしまったデカ長たちをフォローする役目のはずが、いつまでも“新米”呼ばわりで、早く一人前と認められてニックネームをつけられたい、という役どころだった。

『コドモ警察』 -(C) 2013映画「コドモ警察」製作委員会
シネマカフェでは、映画公開時に勝地さんと福くんのWインタビューを敢行。子どもたちの中で唯一の大人だったことから、“頼れる兄貴”として慕われていたのかと思いきや、「不思議なことに子どもたちに囲まれても、なぜかイジられてまして…」と勝地さん。「この子たちにしてみたら“ダチ”って感じですよ、多分(笑)」と苦笑いを見せていた。

『銀魂2』“将ちゃん”
2018年下半期の話題を独占か!?


福田作品にはほかにも、山田孝之主演「勇者ヨシヒコ」シリーズの2作目「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」にゲスト出演、さらに『銀魂2』で松平片栗虎を演じる堤真一主演のシス・カンパニー公演「才原警部の終わらない明日」でもタッグを組んでいる。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
『銀魂2』で演じる“将ちゃん”は、堤さん演じる片栗虎と共に、庶民の暮らしを知るためと称してお忍びで城下に現れるが、その度にトラブルに巻き込まれ、あんな姿やこんな姿をスクリーンで見せつけることになる模様だ。「とりあえず体を鍛えました」と語りながら「“勝地の将ちゃん”も愛してほしいな」とアピールする勝地さん。SNSでの反応を見ても、最も熱い視線を送られている新キャストといえそうだ。

過去の“将軍”写真をインスタに投稿

さらに、ブレイク俳優を多数予見してきた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」では2016年に「ニューウェーブアワード」を受賞している勝地さんだが、ここへきて、シリアスからコメディまでこなせる、硬軟問わずの高い演技力が一気に開花しそうな予感大。

“将ちゃん”はもちろんのこと、窪田正孝が川口春奈の“ヒモ”になるという衝撃の設定で話題のドラマ「ヒモメン」が7月28日(土)よりスタート。勝地さんは、ヒモメンの窪田さんを更生させたいナースの川口さんに思いを寄せる、少々ひねくれた嫉妬深いイケメン医師役だ。

「ヒモメン」土曜ナイトドラマ「ヒモメン」より
今年上半期の話題をさらった「おっさんずラブ」と同枠の土曜ナイトドラマだけに、社会派コメディとして問題提起をしつつ、注目を集めることは必至。

また、小泉今日子主演、沢尻エリカ、鈴木京香ら豪華女優陣が共演する『食べる女』(9月21日公開)も待機し、宮藤さん脚色・演出の舞台「ロミオとジュリエット」も11月に控えている。

(C) 2018「食べる女」倶楽部『食べる女』より
「おっさんずラブ」の田中圭と同様、“当たり前の定位置”を1歩踏み超えた、その先の勝地さんがもたらすものにこれからも期待していよう。

#いだてん きんときくんVS勝地メルくん #猫 #嫉妬

勝地涼さん(@katsuji.ryo)がシェアした投稿 -

《text:Reiko Uehara》

関連ニュース

特集

page top