“肉まん”と母の感動物語…『インクレディブル・ファミリー』同時上映『Bao』

『インクレディブル・ファミリー』が、この夏、日本でも公開。この度、本作と同時上映される“肉まん”を主人公にした短編アニメーション『Bao』映像が公開された。

映画
『Bao』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『Bao』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『Bao』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『インクレディブル・ファミリー』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 
  • 『インクレディブル・ファミリー』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 
『Mr.インクレディブル』の最新作で、ディズニー/ピクサー長編アニメーション第20作目となる『インクレディブル・ファミリー』が、この夏、日本でも公開。この度、本作と同時上映される“肉まん”を主人公にした短編アニメーション『Bao』の映像が公開された。

>>『インクレディブル・ファミリー』あらすじ&キャストはこちらから

スーパーパワーを持ったヒーロー家族の物語を描く『インクレディブル・ファミリー』と同時上映される『Bao』は、ディズニー/ピクサー作品では初となる“食べ物”を主人公にした作品。ホカホカのせいろの中で生まれた肉まんの赤ちゃんと、人間の優しいお母さんとの心温まる物語が描かれている。

本作は、中国生まれ、カナダ・トロント育ちのドミー・シーが、自身の母親との関係を基に手掛けたアニメーション作品。ディズニー/ピクサー作品初の女性監督であり、初のアジア人監督が誕生した記念すべき作品でもある。

『Bao』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
元々、ディズニー/ピクサー作品としてではなく、シー監督自らの創作活動としてスタートした本作。シー監督は「私は食べ物にまつわる昔話も好きです。例えばキュートでちょっと奇妙なジンジャーブレッドマン(ヒト型のクッキーまたはビスケット)。その中国版をやってみたいと思ったのです。そもそも、中国の文化では、家族と食べ物はいつも一体で、中国人は必ず『お食事はされましたか?』と聞くのです。そこで私が大好きなもの、つまり食べ物と、私が個人的に経験したことを盛りこんだものにしようと決めました」と製作経緯を語っている。

彼女が個人的に盛り込んだ経験というのは、彼女と母親との関係。父親が仕事で家を離れがちだったため母親と一緒にいる時間が多く、人生においてお互いがとても大きな存在だったという。

到着した特別映像を見ると、女性が赤ちゃんの泣き声が聞こえてくる蒸しせいろを恐る恐る覗き込むと…小さな肉まんに手が生え、そして足が生えてきて…と、何とも不思議な映像に仕上がっている。笑う肉まんの赤ちゃんを、女性が愛おしそうに抱き寄せるのも印象的だ。


『インクレディブル・ファミリー』同様、本作も“家族の絆”を描いた感動の物語が描かれる。すでに本作を鑑賞した人たちから、「泣ける」と絶賛の声が上がっているのは、家族について描いているから。子どもを持つ親はもちろん、子どもを持たない人たちも、母親から大事に育てられ、自分が注がれてきた愛情を改めて感じることができる作品になっている。

『インクレディブル・ファミリー』同時上映『Bao』は8月1日(水)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top