デミ・ロヴァートが救急搬送…ヘロインの過剰摂取か

最新ニュース

デミ・ロヴァート(C)Getty Images
  • デミ・ロヴァート(C)Getty Images
  • デミ・ロヴァート(C)Getty Images
  • デミ・ロヴァート(C)Getty Images
  • デミ・ロヴァート(C)Getty Images
7月24日火曜日の午後(現地時間)、デミ・ロヴァートがヘロインの過剰摂取とみられる症状で病院に救急搬送された。

「TMZ.com」によれば、自宅でヘロインを過剰摂取し、意識を失ったデミ。友人がオピオイド拮抗薬のナロキソンを投与し、救急車を呼んだという。幸いにも友人がナロキソンを所持していたのは、最近ヘロインを多く摂取しているデミを見て「いつかこういうことが起きた時のため」だったそうだ。前日、デミの家では夜通しでパーティーが開かれていた。

デミのパブリシストは「デミは目を覚まし、家族と一緒にいます。彼女のことを愛し、祈り、サポートしてくれているみなさんに感謝を伝えています」とデミの無事を発表。しかし、「報道されているいくつかの情報には誤りがあり、憶測に過ぎません。いまはデミの健康と回復が一番大切です。プライバシーにご配慮願います」と救急搬送の理由を公表することはなかった。デミは以前、コカイン、オキシコンチン、アルコールの依存症との闘いを語ったことがある。

この事件はセレブにも衝撃を与え、歌手仲間のアリアナ・グランデ、元カレのジョー・ジョナス、エレン・デジェネレス、レディー・ガガらがSNSでデミに声援を送った。また、SNSでは「#PrayForDemi」(デミに祈りを)、「#StayStrongDemi」(デミ、強く生きて)というタグがトレンド入りした。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top