クリステン・スチュワート、新『チャーリーズ・エンジェル』の一員に決定!

最新ニュース

クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
  • クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
  • クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
  • クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
  • クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
  • クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
エリザベス・バンクスがメガホンを取るリブート版『チャーリーズ・エンジェル』のエンジェルが決定したという。クリステン・スチュワート、『パワーレンジャー』のナオミ・スコット、イギリス出身の新人女優エラ・バリンスカの3人だ。「The Hollywood Reporter」が伝えた。

クリステンは昨年、ルピタ・ニョンゴとともにエンジェル候補として出演交渉中であることが報じられており、メディアにも「ぜひやりたい。できたらいいなぁ…リズ・バンクスの大ファンなんだ。彼女はいま、この時代の話を語るのに完璧な人。最後まで全力でサポートするよ!」とアピールしていた。

クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
エリザベスは監督、製作、脚本を担当し、さらにチャーリーの右腕・ボスレーに当たる役も演じるという。ボスレーはいままでドラマ、映画ともに男性という設定だった。「私にとって『チャーリーズ・エンジェル』は強い女性を描いたオリジナルブランドの1つなんです。だって、70年代に放送がスタートしたんですからね」とエリザベスは『チャーリーズ・エンジェル』シリーズへの憧れを明かした。「この映画では新しい時代のモダンで地球規模なエンジェルを紹介しつつ、チャールズ・タウンゼント(チャーリー)と彼の探偵事務所から受け継いだものに敬意を払いたいと思います。このチャプターをクリステン、ナオミ、エラと世界中のファンに届けるのが楽しみで仕方ありません」と抱負を語った。

新『チャーリーズ・エンジェル』(仮題)は2019年9月27日全米公開予定。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top