柳楽優弥&勝地涼ら俳優陣が限界突破!? 『銀魂2』破壊力のある強烈キャラたち

小栗旬、菅田将暉、橋本環奈をはじめとする超豪華キャストが、平成最後の夏に大集結する『銀魂2 掟は破るためにこそある』。今回は本作に登場する、個性が強烈すぎるキャラたちをピックアップ。演じる俳優たちも、それぞれに“限界突破”の新境地を見せている!

最新ニュース
小栗旬、菅田将暉、橋本環奈をはじめとする超豪華キャストが、平成最後の夏に大集結する『銀魂2 掟は破るためにこそある』。今回は本作に登場する、個性が強烈すぎるキャラたちをピックアップ。演じる俳優たちも、それぞれに“限界突破”の新境地を見せている!

宇宙からやって来た天人(あまんと)が台頭する、まるで近未来のような江戸末期を舞台に、何でも屋“万事屋銀ちゃん”を営む主人公・坂田銀時(小栗旬)、志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)らが様々な事件に遭遇していく「銀魂」ワールド。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
約1年ぶりに帰ってくる映画『銀魂2』は、原作でも人気の高いエピソード「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」が見事に融合。大ヒットした前作で大活躍したのにすっかり金欠の万事屋の3人が、家賃も払えなくなり、そろってアルバイトを始めることに。しかし、キャバクラ、床屋と、行く先々で時の将軍・徳川茂茂と遭遇する羽目になり、その一方では、将軍や国の治安を守るはずの特殊警察・真選組に内紛の危機が訪れる。


柳楽優弥 トッシー/土方、2つの人格に右往左往


「真選組動乱篇」のキーパーソンの1人となるのが、トッシー。真選組「鬼の副長」と恐れられる土方十四郎に現れた、もう1つの人格だ。常にくわえ煙草でクールな土方が、ある日を境にアニメやフィギュアなどの“二次元”をこよなく愛するヘタレオタクに! しかも、その別人格であるトッシーが、徐々に土方を乗っ取ろうとする。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
土方といえば、真選組局長・近藤勲(中村勘九郎)の右腕であり、厳しい規律で隊士たちをまとめあげてきた存在。しかし、彼の意に反してたびたびトッシーが現れ、趣味に没頭してしまった結果、土方は真選組を追われることになってしまう。すべては、彼と並ぶほど頭が切れる参謀・伊東鴨太郎(三浦春馬)が仕組んだものだった!

『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
そんな中、デニムのベストに赤いハチマキ、ウエストポーチに萌えキャラの缶バッチという出で立ちで、万事屋の3人の前に現れるトッシー。犬猿の仲である銀時を「坂田氏~」と呼びつつも、ある願いを銀時に託す。

このシーンを、「(福田組常連の)佐藤二朗さんとムロツヨシさんに負けないようにと、フル回転で挑みました(笑)」と語るのは、前作以上に見せ場はあるものの、トッシーへの衝撃的なキャラ変を見せる柳楽さん。台本にはないアドリブも次々と繰り出していったそうで、これには小栗さんや菅田さんも若干引き気味だったとか(分かる…)。そんな柳楽さんのトッシーが、橋本さん演じる神楽に思わず“してしまうこと”とは…?


柳楽優弥


まるで正反対の2つの人格を見事に演じ分けた柳楽さんといえば、14歳のとき、是枝裕和監督の『誰も知らない』(’04)でカンヌ国際映画祭・男優賞を受賞。福田雄一監督が手がけた深夜ドラマ「アオイホノオ」で地上波連続ドラマ初主演し、『許されざる者』『闇金ウシジマくん Part2』『合葬』『ディストラクション・ベイビーズ』や、NHK連続テレビ小説「まれ」、「ゆとりですがなにか」、大河ドラマ「おんな城主 直虎」など、途切れることなく話題作に出演。前作『銀魂』に続いて、真選組一のモテキャラ(映画ではそんな様子は微塵もないけれど)土方十四郎を演じる。


勝地涼 銀時たちの行く先々であられもない姿に!?


「将軍接待篇」に欠かせない人物である、若き江戸幕府第14代征夷大将軍・徳川茂茂。国の最高位にいるにも関わらず、警察庁のトップでキャバクラ遊びが大好きな夜の帝王・松平片栗虎(堤真一)からは“将ちゃん”と呼ばれている、隠れ人気キャラ。庶民の暮らしを知るためと、城下にお忍びで現れるが、その度にトラブルに巻き込まれてしまうのだ。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
銀時や新八、神楽が、新八の姉・妙(長澤まさみ)が働くキャバクラ“すまいる”でキャバ嬢として働くことになると、その初日に“上客”としてやってきたのが、なんと将軍さま! しかも、真選組内紛の陰で警護が手薄になった江戸では高杉晋助(堂本剛)率いる鬼兵隊が将軍暗殺計画を企てていた。その危機を察した銀時は、伝説の剣豪・河上万斉(窪田正孝)とのガチ対決に臨むことに。果たして、“将ちゃん”の運命は!? 

『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
まさかの“将ちゃん”役に「漫画を読み、アニメを見た後に、“自分で、大丈夫?”と心配になってしまいました(笑)。なので、とりあえず体を鍛えました」とコメントしていた勝地さん。原作やアニメでお馴染みの「将軍家は代々もっさりブリーフ派」を体を張って証明してくれるうえ、さらには…。

勝地涼


ファンの期待を裏切らないあられもない姿や、「これって、大丈夫?」という表情を見せてくれる、芸達者な勝地さん。『亡国のイージス』('05)で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、小栗さんが監督を務めた『シュアリー・サムデイ』や福田監督の『コドモ警察』、柳楽さんとも共演した『クローズEXPLODE』など、出演作は多岐にわたる。連続テレビ小説「あまちゃん」での“前髪クネ男”はもはや代名詞だ。プライベートでは、ドラマ版「ど根性ガエル」や『食べる女』で共演した女優の前田敦子と結婚したばかり。ちなみに、将軍暗殺を目論む万斉役の窪田さんとは、ドラマ「ヒモメン」で恋のライバルとして共演中。




戸塚純貴 “安定の山崎”はやっぱり安定だった!


前作『銀魂』公開時にdTVで配信されたオリジナルドラマ「銀魂 -ミツバ篇-」に登場した真選組・監察方の山崎退。土方の人格がトッシーに浸食されつつあり、伊東の暗躍にも不安を感じる彼は行動を起こすのだが…。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』公式インスタグラムより
とにかく地味、忘れ去られがちなキャラで知られる山崎。本ポスター解禁の際にも、ビジュアルにはしっかり映り込んでいるのに、演じる俳優・戸塚純貴はキャスト解禁されていなかった、という経緯を持つ。これに対し、戸塚さんが「ついに解禁されました… って、公式ぃーーーー。なぜだぁぁぁぁぁぁぁぁ。 撮ったよね。俺も撮ったよ、ピース、みんながやってる、ピース。笑ったよね。 特写用ですって個人の写真だって撮ったよね」と、公式に向かって嘆きと抗議のコメントをブログにアップ、「今回、念願の本編なんですけどぉぉぉぉ、」と胸の内を綴っていた。

すると、『銀魂2』公式SNSが「真選組の監察方である山崎退役:戸塚純貴さんの情報解禁が出来ていなかったことが本日ご本人サイドと皆さんのご指摘により発覚しました。ご迷惑おかけし、大変申し訳ございませんでした」と謝罪する異例の事態に。そんな彼は、本編においても忘れ去られていたというか、何というか…。愛すべき“安定の山崎”は健在の様子だ。

dTVオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」(C)空知英秋/集英社 (C)2017映画「銀魂」製作委員会        (C)2017 dTVdTVオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」(C)空知英秋/集英社(C)2017映画「銀魂」製作委員会

戸塚純貴


戸塚さんといえば、2010年に「第23回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の「理想の恋人賞」を受賞して芸能界入り。ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」で俳優デビューし、「仮面ライダーウィザード」『ライチ☆光クラブ』『虹色デイズ』などに出演。志尊淳、山下リオと共演する明治安田生命のCMや「痛快スカッとジャパン」の“サイテー彼氏”役でもお馴染みだ。

戸塚純貴
「アオイホノオ」や「勇者ヨシヒコと導かれし七人」、舞台「スマートモテリーマン講座」などで福田作品に参加。福田監督が手がける吉野家のCMにも出演しており、いわば遅れてきた“秘蔵っ子”。現在「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室 Third Season」にレギュラー出演中で、スピンオフドラマ「コード・ブルー -もう一つの日常-」第5話にも登場、『走れ!T校バスケット部』も控えている。コメディのイメージが強いが、ジュノンボーイだけになかなかのイケメン。本作で、彼がついにブレイクするかもしれない。


夏菜 かつての朝ドラヒロインがそこまでする!?


かつては幕府お抱えのエリート忍者ながら、現在は悪徳商人を成敗する“始末屋”として裏稼業をこなす猿飛あやめ。愛称は、猿飛からとられた「さっちゃん」。とあることをきっかけに銀時に惚れ込み、ストーカーまがいに追いかけるものの、銀時にぞんざいにあしらわれることを楽しむドMキャラ。今回、このさっちゃんが、銀時を追いかけるうちにキャバクラ“すまいる”へ! 彼らのピンチを救おうとするが…。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
キャスト発表時、「似合う」「ハマリ役」との声が上がっていた夏菜さん。「出来る限り、原作に忠実に演じようと思って努力しました。動きや仕草、そういうのを沢山研究して演じました。もし違ったとしても怒らないで下さい(笑)」とコメントしていた。そして、「不安より、思いっきりやりたいという楽しみの方が大きかった」と語っていた通り、なかなか思いきりのいいところを見せており、朝ドラヒロイン出身とは思えぬほどの姿を披露する!

夏菜


20歳のときに映画『GANTZ』シリーズ('11)で岸本恵役に抜擢されて注目を集め、2012年に連続テレビ小説「純と愛」でヒロインを務めあげた。『鋼の錬金術師』ではロス少尉を演じ、AbemaTV×ABCテレビ共同制作「ハケンのキャバ嬢・彩華」で5年ぶりにドラマ主演。佐々木希、中川翔子、徳永えりと出演したNHKドラマ10「デイジー・ラック」も好評で、最近は「ダウンタウンなう」などバラエティでの歯に衣着せぬ発言でも注目を集めている。

夏菜/「デイジー・ラック」
《text:Reiko Uehara》

編集部おすすめの記事

特集

page top