「映画見てるみたい」雰囲気ある映像に絶賛の声集まる…山田孝之×菅田将暉「dele」第3話

最新ニュース

「dele」第3話(C) テレビ朝日
  • 「dele」第3話(C) テレビ朝日
  • 「dele」第3話(C) テレビ朝日
  • 「dele」第3話(C) テレビ朝日
  • 「dele」第3話(C) テレビ朝日
気鋭のベストセラー作家・本多孝好が山田孝之と菅田将暉の2人にあてがきしたキャラクターを軸にした“デジタル遺品”を巡る人間ドラマ「dele」の第3話が8月10日に放送。本作の映像に「映画のようだ」とそのテイストを絶賛する声が多数寄せられている。

「ストレイヤーズ・クロニクル」「真夜中の五分前」「at Home」などで知られる本多さんの完全オリジナルストーリーを、『闇金ウシジマくん』シリーズや『50回目のファーストキス』などの山田さんと、『溺れるナイフ』『あゝ、荒野』などの菅田さんを迎え映像化する本作。

車椅子生活を送りながら会社「dele. LIFE」を立ち上げ、依頼人の死後に遺留データを内密に消す仕事をしている坂上圭司を山田さんが演じ、ひょんなことから彼の仕事を手伝うようになる真柴祐太郎を菅田さんが演じる。


第1話の放送後には「山田孝之と菅田将暉のコンビ最高」「菅田将暉くんの間合いがたまらない 山田孝之さんのつっこみも面白い」など、山田さん&菅田さんコンビの演技を絶賛する声が続出。前回の2話の放送後にもまさかの“どんでん返し”に視聴者から驚きの反応が殺到していた。

「dele」第3話(C) テレビ朝日
※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
そして注目の第3話。「dele.LIFE」の事務所にさびれた街で写真館を営む老人・浦田文雄(高橋源一郎)が訪れる。圭司の代わりに対応した祐太郎に浦田は死後、パソコンからデータをコピーし、PCからデータを削除した後コピーをバラとともにある女性に届けてほしいと依頼。その3日後、文雄は入水自殺。死亡確認に向かった祐太郎は、浦田がデータを届けてほしいと言っていた女性・江角幸子(余貴美子)に接触する。

その後、死の真相を探ろうと写真館に忍び込んだ祐太郎だが、そこに何者かが現れ浦田のPCを盗む。PCの電源が入ったのを検知した圭司はPCの内蔵カメラをハッキング、PCを盗んだのが公安の天下り企業の人間だと突き止める。実は文雄は公安のスパイとして指名手配中の過激派の“元カノ”だった女性を28年にもわたり監視していたのだった…という物語。

「dele」第3話(C) テレビ朝日
1話、2話でも映像の美しさを讃える声がSNSに投稿されていたが、今回の3話でも「映像の温度が良すぎるのでは?」「ドラマっていうより短編映画って雰囲気」「映画見てるみたい」などの声が続々ネット上に上がる。

特に「昭和の様な雰囲気が漂う映り具合」「90年代の邦画を彷彿させる色味とBGMでOPもオシャレでどこを切り取っても好き」と、少しレトロな雰囲気の映像が視聴者の心を掴んでいるようだ。

「dele」第3話(C) テレビ朝日
金曜ナイトドラマ「dele」は毎週金曜日23:15~テレビ朝日系にて放送中(※一部地域を除く)。
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top