マリリン・モンロー、幻のヌードシーン映像が57年を経て発見

1961年に公開されたマリリン・モンローの遺作『荒馬と女』の未公開ヌード映像が見つかった。「Daily Mail」紙が伝えた。

最新ニュース
マリリン・モンロー-(C)Getty Images
  • マリリン・モンロー-(C)Getty Images
  • マリリン・モンロー-(C)Getty Images
  • マリリン・モンロー-(C)Getty Images
1961年に公開されたマリリン・モンローの遺作『荒馬と女』の未公開ヌード映像が見つかった。「Daily Mail」紙が伝えた。

同作を監督したジョン・ヒューストンは、当時マリリンのヌードシーンを撮影したものの、本編では使用しないことに決めたという。以降、現在まで紛失したと考えられていたそのヌードシーンの映像が、残っていることが先日明らかになった。マリリンの伝記本を執筆しているチャールズ・カジッロが、同作のプロデューサー、フランク・テイラーの息子にインタビューし発覚した。


父フランクが死去した1999年から、息子が保管していたそうだ。フランクはそのヌード映像を非常に大切なもの、画期的なものと信じていたといい、もし『荒馬と女』で使用していれば、メジャー映画史上アメリカ人女優による初のヌードシーンになっていた。

取材をしたチャールズによれば、そのヌードシーンとは本編でゲイ(クラーク・ゲーブル)が裸の胸元をシーツで隠しているロズリン(マリリン)にキスをし、部屋を出ていった後の様子を描いたもの。ロズリンが胸元を覆っていたシーツを外し、シャツに着替えるというシーンで、「とても自然な行動だった」とチャールズは語っている。「だって、部屋に誰もいないのに、ベッドに座っている女性が胸元を隠しながら服を着るっていうのはおかしいでしょう?」

フランク・テイラーの息子は、今後この未公開映像を公開するかはまだ決めていないとのことだ。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top