“ソウルの女王”アレサ・フランクリンが死去…エルトン・ジョンらがお悔やみ

“ソウルの女王”と呼ばれたアレサ・フランクリンがすい臓がんの闘病の上、亡くなった。8月16日朝(現地時間)にアレサのパブリシストが発表。数日前に「危篤に陥っている」ことが報じられていた。デトロイトの自宅で息を引き取ったという。享年76。

最新ニュース
アレサ・フランクリン (C) Getty Images
  • アレサ・フランクリン (C) Getty Images
  • アレサ・フランクリン (C) Getty Images
  • アレサ・フランクリン (C) Getty Images
  • エルトン・ジョン -(C) Getty Images
  • ヒュー・ジャックマン/『グレイテスト・ショーマン』
  • バラク・オバマ元米大統領&妻ミシェル夫人(C)Getty Images
“ソウルの女王”と呼ばれたアレサ・フランクリンがすい臓がんの闘病の上、亡くなった。8月16日朝(現地時間)にアレサのパブリシストが発表。数日前に「危篤に陥っている」ことが報じられていた。デトロイトの自宅で息を引き取ったという。享年76。

訃報を聞いたセレブたちからは悲しみの声が上がっている。エルトン・ジョンは昨年アレサの「最後のパフォーマンスを見ることができた」と思い出をふり返った。アレサは彼が主催するエイズ基金のイベントに出演したが、「見るからに具合が悪そうで、歌えるかどうかわからなかった。でも彼女はやってくれた。大歓声だったよ」とのことだ。「本物の音楽を愛する者にとって、アレサの死は大打撃だ」と嘆いている。

The loss of Aretha Franklin is a blow for everybody who loves real music: Music from the heart, the soul and the Church. Her voice was unique, her piano playing underrated - she was one of my favourite pianists. I was fortunate enough to spend time with her and witness her last performance - a benefit for the Elton John AIDS Foundation at St John The Divine Cathedral. She was obviously unwell, and I wasn’t sure she could perform. But Aretha did and she raised the roof. She sang and played magnificently, and we all wept. We were witnessing the greatest soul artist of all time. I adored her and worshipped her talent. God bless her. My condolences to all her family and friends. We shared the same birthday - and that meant so much to me. The whole world will miss her but will always rejoice in her remarkable legacy. The Queen is dead. Long live the Queen. @arethasings #RIP #ArethaFranklin #QueenOfSoul @ejaf

Elton Johnさん(@eltonjohn)がシェアした投稿 -


歌唱力が高く評価されている俳優のヒュー・ジャックマンは、アレサとの共演経験を懐かしんだ。「僕のキャリアにおけるハイライトの1つは、トニー賞授賞式でアレサと歌ったことだ。自分の肉体から離れたような経験だった。史上最高の歌手の1人だよ。みんなが寂しく思う」。


オバマ元大統領はミシェル夫人と連名で追悼文を発表。ミシェル夫人は2015年にコンサートでアレサの歌声に涙する姿が目撃されていた。トランプ大統領もSNSで「素晴らしい女性だった。彼女の声は神からの贈り物だった。残念だ」とツイート。


11月14日には、ニューヨークでアレサの音楽業界の功績を称えたコンサートが開かれる。これは数か月前から企画されていたものだが、アレサが亡くなったいま、追悼コンサートの役割が大きくなるかもしれない。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top