土屋太鳳、寝顔にコンプレックス!「笑いを誘う寝顔」

累計230万部を突破する松浦だるまの人気コミックを実写映画化した『累-かさね-』の完成披露試写会が8月22日(水)に都内で行われ、土屋太鳳、芳根京子、横山裕(関ジャニ∞)、檀れい、浅野忠信、佐藤祐市監督が出席。それぞれが意外な劣等感を告白した。

最新ニュース
芳根京子&土屋太鳳/『累-かさね-』完成披露試写会
  • 芳根京子&土屋太鳳/『累-かさね-』完成披露試写会
  • 芳根京子&土屋太鳳/『累-かさね-』完成披露試写会
  • 芳根京子&土屋太鳳/『累-かさね-』完成披露試写会
  • 土屋太鳳/『累-かさね-』完成披露試写会
  • 『累-かさね-』完成披露試写会
  • 芳根京子&土屋太鳳&横山裕/『累-かさね-』完成披露試写会
  • 芳根京子&土屋太鳳/『累-かさね-』完成披露試写会
  • 芳根京子&土屋太鳳/『累-かさね-』完成披露試写会
累計230万部を突破する松浦だるまの人気コミックを実写映画化した『累-かさね-』の完成披露試写会が8月22日(水)に都内で行われ、土屋太鳳、芳根京子、横山裕(関ジャニ∞)、檀れい、浅野忠信、佐藤祐市監督が出席。それぞれが意外な劣等感を告白した。

■涙する芳根京子を土屋太鳳がハグ!


本作は、キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を使って顔を入れ替える主人公、“醜い”累と“美しき”ニナの生き様を描く愛憎の物語。土屋さんと芳根さんが、累とニナを1人2役=2人1役で演じる。芳根さんが「緊張して、ちょっと泣きそう」と吐露すると、土屋さんがそっと背中を支えるなど、“2人で2つの役をやる”という難役に挑んだ2人だけに息もぴったり。


「太鳳ちゃんと一緒に累とニナを作れた。太鳳ちゃんで本当によかった」と感謝を伝えた芳根さんだが、苦労も多かったようで「太鳳ちゃんと手をつなぎ合って、ハグし合って、身を削って、苦しみながらも助け合いながら、命をかけて撮影させていただいた」と撮影を振り返ると、大粒の涙が頬を伝う一幕も。

芳根京子&土屋太鳳/『累-かさね-』完成披露試写会
そんな芳根さんを固く抱きしめた土屋さんも「役の威力がすごすぎて、押しつぶされました」と明かし、「ニナちゃんは普通の美人ではなくて、絶世の美人。累と入れ替わると、演技の天才。これはハードルが高い。どうしよう、恐ろしいと思いました」とプレッシャーを激白。「きょんちゃん(芳根)はじめ、すばらしい皆さんに支えていただいて、パワーをいただいて乗り越えられた」という。終始、手を握り合い、見つめ合うなど、健闘を称え合う2人の姿に会場からは大きな拍手が上がっていた。

芳根京子&土屋太鳳/『累-かさね-』完成披露試写会

■横山裕「関ジャニ∞すごい」


またこの日は、優越感&劣等感をテーマにした映画にちなみ、それぞれが抱く優越感、劣等感を告白することに。土屋さんは「優越感については、私はお酒が好きなんですが、ある程度、強い方と(お酒を)お付き合いすることができる。それがうれしい。強いほうでよかったなと思います」と意外な素顔を披露。劣等感については「寝顔」とはにかみ、「笑いを誘う寝顔。半目が開いてたり。ひどいときは家族が写真を撮ったりしている」という。

芳根京子&土屋太鳳&横山裕/『累-かさね-』完成披露試写会
横山さんは「ライブをしていると、『関ジャニ∞すごいな』って優越感はすごいあります」とニヤリ。一方、コンプレックスは「色の白さ。僕がカメラ前に立つと、照明さんが『照明変えなきゃ』とザワつく」そうで、これには登壇者陣も会場も大爆笑。劇中では累とニナから想いを寄せられるモテ男を演じた横山さんだが「プライベートとなんら変わりない」とお茶目に話すなど、佐藤監督が「さすが! おもしろいなあ!」とツッコむほど大いに会場を盛り上げていた。

横山裕/『累-かさね-』完成披露試写会
『累-かさね-』は9月7日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top