ジョン・レノンの殺害犯マーク・チャップマン、10度目の仮釈放申請も却下!

水曜日(現地時間)、ジョン・レノンの殺害犯マーク・チャップマン受刑者(63)の仮釈放申請が却下された。これで10回目となる。

最新ニュース
ジョン・レノン
  • ジョン・レノン
  • ジョン・レノン-(C) Getty Images
  • ジョン・レノン-(C) Getty Images
  • ジョン・レノン&オノ・ヨーコ-(C)Getty Images
  • ジョン・レノン&オノ・ヨーコ-(C)Getty Images
  • ジョン・レノン&オノ・ヨーコ-(C)Getty Images
水曜日(現地時間)、ジョン・レノンの殺害犯マーク・チャップマン受刑者(63)の仮釈放申請が却下された。これで10回目となる。「New York Daily News」などのメディアが報じた。

チャップマン受刑者は1980年12月8日、ジョンの自宅であるマンハッタンのダコタ・ハウスの外でジョンを銃殺。第2級謀殺の罪で有罪となり20年から終身までの無期刑を言い渡された。無期刑では服役後、20年が経つと仮釈放を申請することが可能になる。チャップマン受刑者は2000年から現在まで10回の仮釈放申請を行ってきたがすべて却下された。次に再び申請できるようになるのは2年後だ。


ニューヨークの仮釈放委員会によれば、チャップマン受刑者の仮釈放を却下した原因は、「ジョンのファンなどからのチャップマン受刑者への報復の懸念、社会の福祉と安全への影響を考えて」とのこと。現在チャップマン受刑者は、ニューヨーク西部のウェンディ刑務所に服役している。

仮釈放の審議会が行われた水曜日、ジョン・レノンの記念碑(ストロベリー・フィールズ)があるセントラルパークに、ジョンのファンや政治家が集結。チャップマン受刑者の仮釈放の却下を求め、抗議デモを行った。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top