柴咲コウ、橋本愛に渡辺大知…豪華すぎるゲストにネットざわめく!「dele」第5話

山田孝之と菅田将暉がW主演、“デジタル遺品”を巡る様々なストーリーを描くドラマ「dele」の第5話が8月24日に放送された。今回は柴咲コウ、橋本愛という超豪華ゲストの共演に大きな反響が集まっている。

最新ニュース スクープ
「dele」第5話 (C) テレビ朝日
  • 「dele」第5話 (C) テレビ朝日
  • 「dele」第5話 (C) テレビ朝日
  • 「dele」第5話 (C) テレビ朝日
  • 「dele」第5話 (C) テレビ朝日
  • 「dele」第5話 (C) テレビ朝日
  • 「dele」第5話 (C) テレビ朝日
山田孝之と菅田将暉がW主演、“デジタル遺品”を巡る様々なストーリーを描くドラマ「dele」の第5話が8月24日に放送された。放送開始からここまで毎話話題を振りまき続けている本作。今回は柴咲コウ、橋本愛という超豪華ゲストの共演に大きな反響が集まっている。

「ストレイヤーズ・クロニクル」「真夜中の五分前」「at Home」などで知られる気鋭のベストセラー作家・本多孝好が山田さんと菅田さんの2人にあてがきした本作。

山田さん演じる坂上圭司は依頼人の死後、不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する「dele. LIFE」を運営しているが、そこで菅田さん演じる真柴祐太郎が働くことに。2人は任務を遂行しようとするたび様々な問題に巻き込まれ、依頼人の死に隠された真相とその背景を解き明かさなければならない状況へと追い込まれていく…という物語。

これまでは依頼人の死から物語が始まるのだが、今回の第5話では趣向を変え依頼者は事故に遭い意識不明だがまだ“生きている”状態でストーリーが進行。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
「dele」第5話 (C) テレビ朝日死亡確認のため依頼者・聡史の自宅に向かった祐太郎は、聡史の幼なじみの楠瀬百合子(橋本さん)と出会う。小学校の同級生とウソをつく祐太郎に、百合子は自らを聡史の婚約者と名乗り、これから聡史に会いに行こうと言い出す。向かった先は病院でそこには意識不明になった聡史がいた。

一方、圭司は仕事を早々に切り上げとあるカフェへ。そこに現れたのは圭司が1年に一度会い続けている元恋人・沢渡明奈(柴咲さん)だった。その後、物語は百合子は祐太郎、圭司と明奈の2組のカップルがお互いの“過去”を語り合う展開に。

放送中からSNSには「ソファに座るだけで画になる柴咲コウ」「爪の形まで美しい」「神々しい」、「橋本愛ちゃん恐ろしいほど美人」「大人になってさらに美に磨きかかってる」など、柴咲さん、橋本さんという超豪華ゲストの出演に関するツイートがあふれる事態に。

「dele」第5話 (C) テレビ朝日
なかには「柴咲コウとか橋本愛に生まれるって、どれだけ前世で徳を積んだんだろう」という声や、大河ドラマで柴咲さんと菅田さんが共演したことから「直虎と万千代、300年の時を経て先生と削除屋に転生&再会を果たす」という投稿も。

「dele」第5話 (C) テレビ朝日
また依頼者の友人役で渡辺大知も出演。これにも「単独でゲストになれそうなのに、橋本愛と柴咲コウのいる回に出るなんて豪華」と、“豪華すぎる”ゲストにネットがざわめいた。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top