杏&宮野真守&ロバート秋山らが『グリンチ』吹替!「ぎぼむす」子役も声優初挑戦

主人公の日本語吹き替えに大泉洋が決定している『グリンチ』から、今回新たに、杏、「ロバート」の秋山竜次、横溝菜帆、宮野真守の参加が発表された。

映画
『グリンチ』(C)UNIVERSAL PICTURES
  • 『グリンチ』(C)UNIVERSAL PICTURES
  • ドナ『グリンチ』(C)UNIVERSAL PICTURES
  • ブリクルバウム『グリンチ』(C)UNIVERSAL PICTURES
  • シンディ・ルー『グリンチ』(C)UNIVERSAL PICTURES
  • 杏/『オケ老人!』ジャパンプレミア
  • 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』公開記念舞台挨拶
  • 横溝菜帆/「義母と娘のブルース」の制作発表会見
  • 『グリンチ』(C)UNIVERSAL PICTURES
主人公の日本語吹き替えに大泉洋が決定している『グリンチ』から、今回新たに、杏、「ロバート」の秋山竜次、横溝菜帆、宮野真守の参加が発表された。

>>『グリンチ』あらすじ&キャストはこちら

■グリンチの住む村の住人に豪華キャストが集結!


アメリカではサンタクロースに並ぶ“クリスマスの代名詞”ともなっている国民的キャラクター・グリンチ。人の幸せが大嫌いで“クリスマス”を盗むという大胆不敵な計画を企てる主人公の声を日本語吹き替えで担当するのは、『探偵はBARにいる』シリーズや、『恋は雨上がりのように』で主演を務める大泉さん。

そして今回、追加のキャストとして、『百日紅 Miss HOKUSAI』でアニメの声優を経験する杏さん、「ロバート」の秋山さん、TBSドラマ「義母と娘のブルース」で注目を集める子役の横溝さん、そして、『ロラックスおじさんの秘密の種』以降、イルミネーション作品全シリーズに登場する宮野さんが発表された。

宮野さんはナレーターとしてグリンチを見守り、グリンチが孤独に暮らす村の住人として、クリスマスを盛大に盛り上げようとするグリンチの隣人で陽気なブリクルバウム役をロバート秋山さん、サンタクロースに“あるお願い事”をするためクリスマスを心待ちにしているキュートな少女シンディ・ルー役を横溝さん、1人でシンディを育てるシンディのママ、ドナ役を杏さんが演じる。

■杏、オファー実現の理由は「育児」


杏さんはこれまで日本のアニメでの声優は経験があるものの、ハリウッドアニメの吹き替えは初。働きながらシンディと双子の赤ちゃんを育てるドナは、実際に双子の赤ちゃんをもつ杏さんにぜひ演じてほしいとオファーが実現した。

杏さんは「ほぼ一発OKだったのが、双子がお皿をひっくり返してしまうシーン。『はあ』とため息が一回でOKが出たので、そんなにリアルだったのかと感じました(笑)」と自身の育児体験が、存分に作品に反映された様子。

杏/『オケ老人!』ジャパンプレミア
そして秋山さんは「役作りとして、この夏はセーターで過ごしました!」と語り、コントなどで見せる多彩な役作りが本作でどのように発揮されているのか、注目が集まる。

さらにイルミネーション作品常連の宮野さんは、ついにナレーターという大役を獲得し「とても緊張しますが、この素敵な世界観を、しっかり表現できるよう臨みます」と意気込みをあらわにした。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』公開記念舞台挨拶
そしてグリンチの心を動かすシンディ役を演じる横溝さんは「アニメーション映画のアフレコは初めてなので、とってもドキドキしています。みなさんに楽しんで観てもらえるように、私もシンディ・ルーになりきって、頑張ります!!」とコメント。

厳しい審査として知られるイルミネーション、ユニバーサルスタジオで役を獲得した横溝さんの演技にも期待が高まる。

横溝菜帆/「義母と娘のブルース」の制作発表会見
『グリンチ』は12月14日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top