大泉洋「僕の声はもはやカンバーバッチ」宮野真守&Perfumeらがジャパンプレミアに登場!

『グリンチ』のジャパンプレミアが昨日11月26日に行われ、本作の吹き替えを担当した大泉洋、杏、宮野真守らが登場した。

最新ニュース
『グリンチ』ジャパンプレミア(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『グリンチ』ジャパンプレミア(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『グリンチ』ジャパンプレミア(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『グリンチ』ジャパンプレミア(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『グリンチ』ジャパンプレミア(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『グリンチ』ジャパンプレミア(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『グリンチ』ジャパンプレミア(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『グリンチ』ジャパンプレミア(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『グリンチ』ジャパンプレミア(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
イルミネーション最新作『グリンチ』のジャパンプレミアが昨日11月26日に行われ、本作の吹き替えを担当した大泉洋、杏、宮野真守らが登場。会場となった東京ミッドタウン日比谷(大階段)のイルミネーションを、グリンチのいたずらによってグリンチカラーに一変するプレミア点灯式イベントも実施された。

>>『グリンチ』あらすじ&キャストはこちらから

先日行われたNYでのワールドプレミアに参加したグリンチ役の大泉さんは、その際の感想を聞かれると、「NYにグリンチが溢れていて感動しました! でもプレミアイベントはハリウッドスターと一般のお客さんの導線がぐちゃくちゃですごかったですねえ(笑)」とグリンチのようなひねくれたぼやきが飛び出す。

『グリンチ』ジャパンプレミア(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
今回、グリンチカラーに点灯されたイルミネーションにちなみ、“クリスマスの思い出”についてキャスト陣に問うと、シンディ・ルーのママであるドナ役の杏さんは「学生の頃は聖歌隊の合唱部にいて、ロウソクをもって讃美歌を歌うのが恒例だったので、今もクリスマスになると歌いたくなりますね」と答え、グリンチの隣人ブリクルバウム役の秋山竜次(ロバート)は「父ちゃんがイルミネーションで装飾するのが大好きで、裏の山ひとつをイルミネーションだらけにして、“あの家ヤバイ”って言われていました(笑)」とふり返る。

『グリンチ』ジャパンプレミア(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
一方、声優アーティストで本作ではナレーターを担当した宮野さんは、「ゲームセンターの前に踊るサンタクロースの人形がよくあるじゃないですか、出会うといつもセッションしています(笑)」とエピソードを披露した。

『グリンチ』ジャパンプレミア(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
さらに日本語吹き替え版については、「それぞれのキャラクターが生き生きとしていて完璧で、僕の声はもはやカンバーバッチなのかなと思いましたよ」と大泉節を炸裂させ、続けて「菜帆ちゃんは本当にアフレコがうまくて、杏さんも素晴らしくて、宮野さんもきれいなナレーションで、ブリクルバウムはずっと笑っていて」とキャストそれぞれに太鼓判を押していた。

『グリンチ』ジャパンプレミア(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
またこの日は、本作の日本版イメージソングを担当した「Perfume」がサプライズ登場! 楽曲「Tiny Baby」の振付をプチレクチャーする場面もあり、のっちの「この楽曲にはサビの部分に“愛想ってな~に?”と、グリンチらしいひねくれた歌詞が入っているその部分をレクチャーします!」という説明からレクチャーがスタート。「Perfume」の素早い振付に、またも大泉さんからぼやきが入り、会場からは笑いも。

『グリンチ』ジャパンプレミア(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
続いて行われた舞台挨拶イベントにも同じく吹き替えキャストと「Perfume」が登場。これから映画を観る観客へ、「映像に映っていない細かい演技までしっかりと見てもらえると嬉しいです!」と大泉さんが見どころを説明すると、続けて杏さんは「この映画はフーの村が舞台なのですが、村人たちの住んでいる街がクリスマスを1か月後に控えて盛り上がっている様子が細かいディティールまでこだわって描かれていて、本当に心がワクワクするような仕上がりなので、そんなところも楽しんでほしいです!」とコメント。

『グリンチ』ジャパンプレミア(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
今回のナレーションは「グリンチの気持ちに寄り添ったような語り口」だという宮野さんは、「原作でのリズム感のいいナレーションに合わせて、日本語吹替え版でも韻を踏んだようなナレーションとなっているので、心地よく聞いてもらえると思います」と説明。

そして、あ~ちゃんは「子供や大人も関係なく、感動するんやね。“大泉洋じゃ~”って思うところ、“語りがマモ!”って思うところとあるけど、最後には知らん間に泣いとって、感動しました!」と絶賛のコメントを寄せていた。

『グリンチ』は12月14日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top