『ザ・プレデター』元モデルのイケメン俳優が追うのは“宇宙最凶のハンター”

『ザ・プレデター』で主演を務めるモデル出身のイケメン俳優ボイド・ホルブルック。本作で演じるキャラクターには、これまでに彼が演じてきたキャラクターと意外な共通点があることが分かった。

映画 洋画ニュース
ボイド・ホルブルック『ザ・プレデター 』(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation.
  • ボイド・ホルブルック『ザ・プレデター 』(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation.
  • 『ザ・プレデター』(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『ザ・プレデター』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『ザ・プレデター 』(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation.
  • ボイド・ホルブルック-(C)Getty Images
  • 「ナルコス」に出演するボイド・ホルブルック(C)Getty Images
  • 『LOGAN/ローガン』 (C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『ザ・プレデター 』(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation.
さらにパワーアップした“究極(アルティメット)プレデター”までも出現するという、伝説的シリーズの最新作『ザ・プレデター』。この度、主演を務めるモデル出身のイケメン俳優ボイド・ホルブルックが本作で演じるキャラクターには、これまでに彼が演じてきたキャラクターと意外な共通点があることが分かった。

>>『ザ・プレデター』あらすじ&キャストはこちらから

本作の主人公クイン・マッケナは、元特殊部隊員の傭兵で、プライベートでは問題を抱えており、幼い息子ローリーとは関係が疎遠に。仕事先のメキシコで不時着したプレデターの宇宙船をめぐる隠蔽事件に遭遇し、人類の存亡がかかった壮大な闘いに身を投じていく。

そんなクインを演じるボイド・ホルブルックは、「グッチ(GUCCI)」や「ジャン=ポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)」「ヒューゴ・ボス(HUGO BOSS)」「カルバン・クライン(Calvin Klein)」など名だたるブランドのモデルを務め、そのモデル活動で学費を稼ぎ、演技を学んできた苦労人。9月1日に37歳となったばかりだ。

ボイド・ホルブルック-(C)Getty Imagesボイド・ホルブルック (C)Getty Images
俳優としてはもちろん、海外ドラマ「フルハウス」のミシェル役で知られた双子のアシュレーとメアリー=ケイト・オルセン姉妹の妹で、『アベンジャーズ』シリーズでもお馴染みの女優エリザベス・オルセンと婚約していたことでも、大きな注目を浴びた。

■Netflix「ナルコス」、映画『LOGAN』でも追いかけた!


そんなボイドを一躍有名にしたのがNetflixオリジナルドラマ「ナルコス」。DEA(麻薬取締局)捜査官スティーブ・マーフィーに扮し、コロンビアの伝説的麻薬王を追った。

さらにヒュー・ジャックマン主演の『LOGAN/ローガン』では、冷酷無比な“追跡者”ドナルド・ピアースとして、野獣のような攻撃本能と高度な戦闘能力を持つミュータント・ウルヴァリンことローガンを執拗に追いつめた。

『LOGAN/ローガン』 (C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation『LOGAN/ローガン』
そして、本作でボイド扮するクインが追うのは、宇宙で最も危険なハンター“プレデター”。クインのせいで息子ローリー(ジェイコブ・トンブレイ)がプレデターを呼び寄せてしまい、政府に拘束されていたクインは脱走、身の危険が迫っているローリーのもとに急ぎ、プレデターの暴走を阻止しようと試みる。

『ザ・プレデター』(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

■ボイド・ホルブルック、本作は「父と息子の話」と断言!


一見、激しいアクション映画に見える本作だが、ボイドは「これは父と息子の話だと言ってもいい。クインがたどる旅は、父として責任をとっていない状態から、リーダーとなり、もう一度父として再出発するという、目的意識を持つようになることだ」と作品のテーマに触れ、「このストーリーの特徴となるひとつの要素は、家族の結束だ」と、これまでの「プレデター」シリーズにはなかったドラマが描かれると語る。


『LOGAN/ローガン』で共演したヒューからは、「とてつもなく才能のある俳優で、本当に天賦の才に恵まれたアーティストだ」と絶賛されたボイド。本作で愛する息子を守るため宇宙最凶のハンターを追う父親をどのように演じ、親子の結束を見せるのか? 追う対象が “麻薬王”から“宇宙最凶ハンター”となり、ますます強い相手になっているが、彼が見せる父親としての顔にも注目してみて。

『ザ・プレデター 』(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation.
『ザ・プレデター』は9月14日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top