ホアキン・フェニックス主演『ジョーカー』の公式画像が初公開

『The Joker』(原題)の撮影がスタートし、ホアキン・フェニックス演じるジョーカーことアーサーの姿が初めて公開された。

最新ニュース ゴシップ
ホアキン・フェニックス -(C) Getty Images
  • ホアキン・フェニックス -(C) Getty Images
  • ホアキン・フェニックス -(C) Getty Images
  • ホアキン・フェニックス-(C)Getty Images
  • ホアキン・フェニック-(C)Getty Images
『The Joker』(原題)の撮影がスタートし、ホアキン・フェニックス演じるジョーカーことアーサーの姿が初めて公開された。監督のトッド・フィリップスがSNSに、少し髪が長く不気味な雰囲気を醸し出すホアキンの画像に「アーサー」とキャプションを付けて投稿。7月に報じられた通り、ホアキン演じるジョーカーの本名が「アーサー・フレック」であることを認めた。

また、「Variety」誌は、バットマンことブルース・ウェインの父トーマス役が、降板したアレック・ボールドウィンからブレット・カレン(「パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット」)に代わったことも伝えている。


アレックはトーマス役に決定したと報じられてからわずか2日後に「スケジュールの都合」で降板し、「映画に出演できなくなったんだ。あの役を演じられる俳優はほかに25人はいるだろう」と語っていた。新たにトーマス役にキャスティングされたブレットは、別のバットマン映画『ダークナイト』にも議員役で出演していた。その他のキャストはロバート・デ・ニーロ、フランセス・コンロイ、マーク・マロン、ザジー・ビーツら。

View this post on Instagram

Arthur.

Todd Phillipsさん(@toddphillips1)がシェアした投稿 -


『The Joker』の全米公開は2019年10月4日予定。
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top