草なぎ剛の不器用で愛おしい父親の姿が!『まく子』特報公開

西加奈子が直木賞受賞後の第一作目に書き下ろした、子どもと大人の狭間にいる思春期の成長物語を実写化した『まく子』から、謎の美少女転校生とある家族の姿をとらえた特報が完成した。

映画 邦画ニュース
『まく子』場面写真(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
  • 『まく子』場面写真(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
  • 『まく子』場面写真(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
  • 『まく子』メイン写真(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
  • 『まく子』場面写真(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
  • 『まく子』場面写真(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
  • 映画『まく子』キャスト陣
  • 原作・西加奈子 撮影:若木信吾
  • 『まく子』第一弾チラシ(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
西加奈子が直木賞受賞後の第一作目に書き下ろした、子どもと大人の狭間にいる思春期の成長物語を実写化した『まく子』から、謎の美少女転校生とある家族の姿をとらえた特報が完成した。

>>『まく子』あらすじ&キャストはこちら

『ちょんまげぷりん』で映画デビューを飾り『真夏の方程式』に出演した山崎光を主演に迎え、自身主演の『光へ、航る』を収めたオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』が記憶に新しい草なぎ剛のほか、「半分、青い。」の須藤理彩、「RADWIMPS」の「狭心症」MVでも注目を集めた新音(にのん)が出演する本作。手掛けるのは、長編第一作目『くじらのまち』が数々の賞を受賞した新進気鋭の若手監督・鶴岡慧子。

完成した特報映像では、子どもと大人の狭間にいる慧(山崎光)を中心に、謎の美少女転入生・コズエ(新音)、そして草なぎさん演じる慧の父・光一と、須藤理彩演じる慧の母・明美の家族の姿を、それぞれ瑞々しく映し出す。

『まく子』メイン写真(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
そしてこの家族とコズエを通して、現代を生きる大人たちへ「信じること、与えること、受け入れること、そして、変わっていくこと」というナレーションと共に、子どもも大人もいくつになっても“変化”していくことは、自分自身と向き合いながらも楽しめることという想いが込められている。

原作「まく子」の発売当時、著者の西加奈子は、「大人になりたくない子どもたちに、そして、大人になりたくなかったかつての子どもたちに読んでもらいたい、そう思いながら書きました」とコメントを発表しており、その意思がどのように映画に受け継がれているか注目したい。

『まく子』場面写真(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
また、特報の最後では、コズエが慧の耳元で囁く、ある衝撃的なセリフで締められ、物語のキーパーソンであることを強く印象づけるものとなっている。閉ざされた小さな町に、少女は何をまいたのか。物語の展開が少し覗ける映像はこちらから確認してみて。


『まく子』は2019年3月より、テアトル新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top