幻想的なシーンの舞台裏を特別公開!『エンジェル、見えない恋人』メイキング映像

目に見えない存在として生まれた青年“エンジェル”と盲目の少女“マドレーヌ”が惹かれあう、ピュアで切ない小さな恋の物語『エンジェル、見えない恋人』から、特殊効果や撮影方法が盛り込まれたメイキング映像が公開された。

映画 洋画ニュース
『エンジェル、見えない恋人』(c)2016 Mon Ange, All Rights Reserved.
  • 『エンジェル、見えない恋人』(c)2016 Mon Ange, All Rights Reserved.
  • 『エンジェル、見えない恋人』 (C)2016 Mon Ange, All Rights Reserved.
  • 『エンジェル、見えない恋人』 (C)2016 Mon Ange, All Rights Reserved.
  • 『エンジェル、見えない恋人』 (C)2016 Mon Ange, All Rights Reserved.
  • 『エンジェル、見えない恋人』 (C)2016 Mon Ange, All Rights Reserved.
  • 『エンジェル、見えない恋人』 (C)2016 Mon Ange, All Rights Reserved.
  • 『エンジェル、見えない恋人』 (C)2016 Mon Ange, All Rights Reserved.
  • 『エンジェル、見えない恋人』 (C)2016 Mon Ange, All Rights Reserved.
目に見えない存在として生まれた青年“エンジェル”と盲目の少女“マドレーヌ”が惹かれあう、ピュアで切ない小さな恋の物語『エンジェル、見えない恋人』から、特殊効果や撮影方法が盛り込まれたメイキング映像が公開された。

>>『エンジェル、見えない恋人』あらすじ&キャストはこちら

『神様メール』『ミスター・ノーバディ』(監督)のジャコ・ヴァン・ドルマルと、長年の友人でもあるハリー・クレフェン監督がタッグを組み、詩的で幻想味あふれる映像美を生み出した本作。

『エンジェル、見えない恋人』 (C)2016 Mon Ange, All Rights Reserved.
この度公開されたのは、監督のハリー・クレフェンによる、本作での姿が見えない男の子と、目が見えない女の子の幸福の日々を、いかにして映像にしたのかが分かるメイキング映像だ。声と匂い、気配や息遣い、体が触れ合った感触などは、CGや実写を駆使して納めている。

監督のビジョンとしては、「どうやって撮ったか分からない」ような不思議な映像を目指していただけに、撮影は困難を極めた様子。映像を担当したウィリー・ル・ブレイとマルク・ヘリシェールは特に実写とCGを連動させる映像が難しかったと語り、「全部CGも大変だが元々ある物と絡む場合は複雑さが全然違う」とコメント。

『エンジェル、見えない恋人』 (C)2016 Mon Ange, All Rights Reserved.
本作で特に印象的なシーンは、劇場にてマドレーヌが空中に浮くシーン。彼女を支えている椅子を映像では隠す必要があるのだが、衣装が透けているため、単純に隠すだけでは不可能だったと、幻想的なシーンに潜む撮影の難しさを子細に語ってくれた。

ほかにも洗面台でエンジェルが水に手を浸すシーンも、実際の洗面台から周りの小道具までをデータとして再構築し、動きをCGにするためにシミュレーションするなど、幾重にもなる手間がかかったシーンとなっている。

ウィリーとマルクは本作での撮影が困難の連続だったと同時に、これまでの作品の中で、もっとも深く関われたとし、いままでにない経験ができたと笑顔で語った。監督のハリーも、半年間特殊効果の撮影に全力を尽くしてくれた2人に感激の様子で、「彼らとの共同作業は本当の意味で芸術的だった」と賞賛した。


『エンジェル、見えない恋人』は10月13日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top