ニコラス・ケイジ、元彼女と元妻の法廷バトルで「虐待疑惑」が発覚!?

ニコラス・ケイジがアリス・キム(33)との離婚後、昨年6月から交際していたヴィッキー・パーク(29)という女性とトラブルが生じているようだ。

最新ニュース
ニコラス・ケイジ (C) Getty Images
  • ニコラス・ケイジ (C) Getty Images
  • ニコラス・ケイジ&アリス・キム (C) Getty Images
  • ニコラス・ケイジ (C) Getty Images
ニコラス・ケイジがアリス・キム(33)との離婚後、昨年6月から交際していたヴィッキー・パーク(29)という女性とトラブルが生じているようだ。

「People」誌によれば、ヴィッキーは先日裁判所に一時的接近禁止命令を求める書類を提出。その相手はニコラスではなく、アリスに対してだった。ヴィッキーは、ニコラスと交際中にアリスが激しくヴィッキーに嫉妬し、SNSでストーカー行為を働いていると主張。「アリスは元夫と私が交際していること、私の若さとルックスに対する嫉妬心で、ハラスメントに走った」と言うのだ。また、アリスがニコラスに対し、「あんなバカな女(ヴィッキー)と一緒にいたら、あなたの知的レベルが低く見えちゃうわ」と言って操ろうとしたことも挙げている。

ニコラス・ケイジ&アリス・キム (C) Getty Imagesニコライス・ケイジと元妻アリス・キム
申立書にはニコラスについても「アルコール依存症、うつ病、精神的な病と闘っている」との記述が。また、9月20日、ニコラスがオーストリアで開催されていたスラッシュ・フィルム・フェスティバルに出席後、ひどく酔った状態でヴィッキーを虐待し、その直後ロンドンのホテルでも怒りをぶつけてきたことも明かした。これも「アリスがニコラスにアルコールを乱用させ、私に怒りを向けさせるようにしたせいだ」と主張している。虐待の詳細は明らかになっていないが、ロンドンでは警察に被害届も提出したという。

ヴィッキーが求めたアリスへの接近禁止命令は却下されたが、今月24日に法廷審問が行われる予定。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top