釜山国際映画祭、台風直撃も昨年以上の盛り上がりを見せ閉幕

第23回釜山国際映画祭(BIFF)が10月4日から13日まで、韓国・釜山市のリゾート地、海雲台で開催された。

最新ニュース
第23回釜山国際映画祭 (C) Getty Images
  • 第23回釜山国際映画祭 (C) Getty Images
  • 坂本龍一&イ・ヨンガン理事長/第23回釜山国際映画祭 (C) Ayako Ishizu
  • EXOレイ/第23回釜山国際映画祭 (C) Ayako Ishizu
  • 第23回釜山国際映画祭 (C) Getty Images
  • キムナムギルとハンジミン/第23回釜山国際映画祭 (C) Ayako Ishizu
  • チュ・ジフン/第23回釜山国際映画祭 (C) Ayako Ishizu
  • ヒョンビン&チャン・ドンゴン/第23回釜山国際映画祭 (C) Ayako Ishizu
  • ユアイン&チョン・ジョンソ/第23回釜山国際映画祭 (C) Ayako Ishizu
第23回釜山国際映画祭(BIFF)が10月4日から13日まで、韓国・釜山市のリゾート地、海雲台で開催された。

今年は、音楽家の坂本龍一がアジア映画人賞を受賞し、開幕式では『戦場のメリー・クリスマス』と、韓日中合作の新作アニメ『MY TYRANO:Together, Forever』のテーマ曲をピアノ演奏。坂本さんは感謝の言葉と共に「今、この朝鮮半島にとうとう平和が訪れようとしていますね。同じアジア人としてこの上ない喜びです。おめでとうございます」とスピーチし、大きな拍手を浴びた。

坂本龍一&イ・ヨンガン理事長/第23回釜山国際映画祭 (C) Ayako Ishizu
釜山での出会いについて坂本さんに質問をしたところ、「ツァイ・ミンリャンや、(音楽を担当した)『天命の城』のチームと再会できて嬉しかったですが、大好きなキム・テリ(『お嬢さん』)さんが来なくて残念でした」と語った。また、開幕式で歩いたレッドカーペットはいままで参加したどの映画祭より長かったと驚いていた。

■チャン・ドンゴンはじめスターが勢揃い


そのレッドカーペットには、チャン・ドンゴンとヒョンビンをはじめ、司会を務めたキム・ナムギルとハン・ジミン、「EXO」のレイ、「少女時代」のスヨン、パク・ヘイル、ナム・ジュヒョク、開幕作『Beautiful Days』のイ・ナヨンとチャン・ドンユンら韓国のスター、香港のサミー・チェン、ジジ・リョンらに加え、日本からは『寝ても覚めても』の東出昌大と唐田えりか、『愛しのアイリーン』の安田顕、『止められるか俺たちを』の井浦新と白石和彌監督、『夜明け』の柳楽優弥、ニュー・カレント部門の審査員を務めた國村隼らが登場した。

安田顕&ナッツシトイ/第23回釜山国際映画祭 (C) Ayako Ishizu安田顕&ナッツシトイ
中でも初参加となる東出さんへの注目度は高く、その韓流スターばりのスタイルの良さと優雅な身のこなし、そして『寝ても覚めても』での演技を現地の記者たちは絶賛。5日に開催された「マリ・クレール・アジア・スター・アワード」では、唐田さんと共に、アジアの顔賞に選ばれた。

東出昌大/第23回釜山国際映画祭 (C) Ayako Ishizu東出昌大

■台風直撃も、映画祭は昨年以上の盛り上がり


今年は10月6日に台風25号が釜山を直撃したため、多くの屋外イベントが中止となったり、飛行機が欠航のため『斬、』の池松壮亮、蒼井優が現地入り出来ず、塚本晋也監督が1人で舞台挨拶を行うなどアクシデントが多かったが、チュ・ジフン、ユ・アインらのイベントは会場を移して無事敢行された。

チュ・ジフン/第23回釜山国際映画祭 (C) Ayako Ishizuチュ・ジフン
2014年に、セウォル号沈没事故の政府対応を告発した『ダイビング・ベル/セウォル号の真実』の上映を巡り、映画祭側と釜山市長(当時)とが対立、イ・ヨングァン執行委員長が解任されたことから、ここ数年は映画監督らのボイコットなど混乱していたBIFF。だがムン・ジェイン大統領が映画祭の独立性を支持したことで、今年初めにイ・ヨングァン氏が理事長として復帰、多くの映画人が戻ってきた。

まだ完全正常化とまでは言えなかったが、観客数は195,000人以上と、悪天候にもかかわらず昨年を上回った。2019年は名実ともにアジア最大の映画祭にふさわしいものになることを期待したい。

第23回釜山国際映画祭 (C) Getty Images
なお最終日に発表されたニュー・カレント賞(新人監督賞)は、中国のチュウ・シーウェイ監督、チャン・チェン主演の『SAVAGE(雪暴)』と、韓国のクォン・マンギ監督の『Clean up』が受賞。また俳優賞は、イ・ジュヨン(『Maggie』)と、チェ・ヒソ(『Our Body』)の女優2人に贈られた。
《text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

特集

page top