ディズニー、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のリブート版を企画中?

2003年から2017年まで5作のシリーズとして展開してきた『パイレーツ・オブ・カリビアン』が、リブート版として生まれ変わるかもしれない。

最新ニュース
ジョニー・デップ-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C)Getty Images
2003年から2017年まで5作のシリーズとして展開してきた『パイレーツ・オブ・カリビアン』が、リブート版として生まれ変わるかもしれない。

「Deadline」によれば、リブート版の製作を予定しているディズニーは、新しい『パイレーツ・オブ・カリビアン』の世界観を生み出すために『デッドプール』シリーズの脚本家コンビのレット・リース&ポール・ワーニックを起用したい考え。現在、2人と交渉段階にあるという。

リース&ワーニックは『ゾンビランド』で初めてコンビを組んで以来、『G.I.ジョー バック2リベンジ』、『ライフ』を手掛け、『デッドプール』シリーズを大ヒットに導いた。待機作にはマイケル・ベイ監督作でライアン・レイノルズが主演する『6 Underground』(原題)、『ゾンビランド』の続編『Zombieland Too』(原題)などが控えている売れっ子だ。

リブート版『パイレーツ・オブ・カリビアン』は、シリーズ全ての作品を製作してきたジェリー・ブラッカイマーが引き続き製作を担当。しかし、ジャック・スパロウを演じてきた主演のジョニー・デップの続投は明らかになっていない。

シリーズ5作目の『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』は、興行収入が伸び悩み、シリーズ史上2番目の少なさという結果に終わった。それでもブラッカイマーはシリーズの存続に意欲を見せていたが、6作目としてではなく全く新しい『パイレーツ・オブ・カリビアン』を製作することになりそうだ。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top