中川大志、SFアクションマンガ「ARMS」の“実写化”に挑む「このマンガがすごい!」第5話

女優・蒼井優がナビゲーターを務めるドキュメンタリードラマ「このマンガがすごい!」の第5話が11月2日(金)今夜オンエア。今回は人気俳優の中川大志をゲストに「ARMS」を“実写化”する。

最新ニュース スクープ
ドラマ25「このマンガがすごい!」/中川大志(C)「このマンガがすごい!」製作委員会
  • ドラマ25「このマンガがすごい!」/中川大志(C)「このマンガがすごい!」製作委員会
  • 「このマンガがすごい!」 (C) 「このマンガがすごい!」製作委員会
  • ナビゲーターを務める蒼井優(c)「このマンガがすごい!」製作委員会
  • ドラマ25「このマンガがすごい!」(C)「このマンガがすごい!」製作委員会
  • 『このマンガがすごい! 2018』『このマンガがすごい!』編集部(編)/ 宝島社
女優・蒼井優がナビゲーターを務め、宝島社の人気マンガランキング本とタッグを組んだドキュメンタリードラマ「このマンガがすごい!」の第5話が11月2日(金)今夜オンエア。今回は人気俳優の中川大志をゲストに「ARMS」を“実写化”する。

本作は毎回異なる豪華なゲスト俳優たちが好きなマンガについて語り、実際にそのマンガのキャラクターを演じるために、俳優たちがどのような役作りへのアプローチをするのかをドキュメンタリータッチでドラマ化。

最後にオンエアされる「実写パート」は原作のマンガの中の主人公の部分だけをゲスト俳優が実写で置き換えるというもので、独特の“実写化”に放送開始時、多くの視聴者から驚きと称賛の声が送られたほか、俳優たちの役に対する姿勢、普段なかなか知ることができない演技観なども見られると好評だ。

今回は2009年にデビュー以来、数々の作品に出演。『四月は君の嘘』への出演や大河ドラマ「真田丸」の豊臣秀頼役で注目されると、平祐奈とW主演した『ReLIFE リライフ』や知念侑李、小松菜奈らと共演した『坂道のアポロン』に、佐野玲於、高杉真宙、横浜流星ら若手俳優とともに主演した『虹色デイズ』などの映画から、今年前半最大の話題作と言っても過言ではないほどのブームを巻き起こした「花のち晴れ~花男 Next Season~」などへの出演で、いまや押しも押されぬ超人気俳優となった中川さんがゲスト。

ドラマ25「このマンガがすごい!」(C)「このマンガがすごい!」製作委員会
今回中川さんが実写化したいマンガは、「週刊少年サンデー」(小学館)で1997年から2002年まで連載され第44回小学館漫画賞を受賞したほか、2001年にはTVアニメ化、多メディア展開もされたSFアクション作「ARMS」。

「事故」や「事件」に巻き込まれて失った身体の一部にナノマシンの集合体を移植された少年たちを描く同作で、自分の意志とは裏腹に暴れ出す右腕とともに敵と戦う主人公・高槻涼に中川さんが挑む。

これまでも数々のコミックの映像化作品で主演やメインキャストを努めてきた中川さんだが、今回はどんなアプローチで役に挑もうとしているのか? そしてコミックの世界のなかで中川さんが見せる演技とは?



「このマンガがすごい!」第5話は11月2日(金)24時52分~テレビ東京系で放送。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top