ビヨンセが主演予定だった?プロデューサーが明かす『アリー/ スター誕生』制作秘話

アカデミー賞最有力作品との呼び声も高い『アリー/ スター誕生生』の秘話を、プロデューサーのビル・ガーバーが「The Hollywood Reporter」に語った。

最新ニュース
ブラッドリー・クーパー&レディー・ガガ (C) Getty Images
  • ブラッドリー・クーパー&レディー・ガガ (C) Getty Images
  • ブラッドリー・クーパー-(C)Getty Images
  • ブラッドリー・クーパー -(C) Getty Images
  • ブラッドリー・クーパー-(C)Getty Images
  • ブラッドリー・クーパー -(C) Getty Images
  • ブラッドリー・クーパー&レディー・ガガ『アリー/ スター誕生』トロント国際映画祭2018 (C) Getty Images
  • レディー・ガガ-(C)Getty Images
アカデミー賞最有力作品との呼び声も高い『アリー/ スター誕生』の秘話を、プロデューサーのビル・ガーバーが「The Hollywood Reporter」に語った。

ブラッドリー・クーパーとレディー・ガガが演じているジャクソン&アリーのコンビは当たり役となったが、企画当初はビヨンセが主演、クリント・イーストウッドがメガホンをとる予定であった。

2人の顔合わせの際、ガーバーは「座りながらこう考えていた。『ぼくは歴史的なことが起こる瞬間に居合わせているんだ』ってね。でも、それは起こらなかった。映画ビジネスっていうのはそんなもんさ」とふり返る。ビヨンセの妊娠で企画は中断され、イーストウッドはほかの作品を監督することになったのだ。

ブラッドリーは5年前にジャクソンの役をオファーされていたものの、「彼を演じるには自分は若すぎる。それだけの経験がない」として断っていた。しかし、5年が経ち、その間に奇しくもイーストウッド監督作の『アメリカン・スナイパー』に主演。「イーストウッド監督が大好きだし尊敬している。彼が『恐怖のメロディ』を監督したのは41歳だったじゃないか!」と思い直し、まずは『アリー/ スター誕生』の監督に就任。「若すぎる」と思った問題も年月が解消しており、ジャクソンの役も受けることとなった。

「監督デビュー作とはいっても、彼は編集やプロデュース業で多くの映画に関わってきたから、映画製作において何事に対しても非常に決断力が高いんだ。自分がどうやって撮影したいかを理解している。どうやってレディー・ガガのことを撮りたいかも。音に関してもそうだね。自分の声をこんな風に聞かせたいというのがわかっている」とガーバーはブラッドリーの“監督力”に太鼓判を押す。「40を超えた男が、文字通りカメラの周りで動き回りながら演じているというのを見るのは、すごくおもしろかったよ」。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top