竹内結子×中村獅童で注目を集めた「いま、会いにゆきます」が韓国で新たに映画化!

2004年に映画化され、社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した市川拓司のベストセラー小説を韓国で映画化した『Be With You ~いま、会いにゆきます』が、2019年春に日本公開されることが決定。

韓流・華流
2004年に映画化され、社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した市川拓司のベストセラー小説を韓国で映画化した『Be With You ~いま、会いにゆきます』が、2019年春に日本公開されることが決定。初映像となる特報とティザービジュアルが解禁となった。

■ストーリー


夫ウジン(ソ・ジソブ)に、“雨の降る日に、また戻ってくる”との約束を残して、この世を去った妻のスア(ソン・イェジン)。その1年後、彼女は梅雨が始まったある日、この世を去る前と変わらない姿でウジンの前に現れる。だが、スアは記憶をなくしており、ウジンが誰なのかさえ覚えていない。ウジンは自身のことを覚えていなくても、彼女が傍にいるという事実だけで幸せを感じる。その一方で、スアは覚えていない彼との思い出の話が気になっていく。やがて、スアは再会したウジンとの初めての出会い、初恋、初デート、様々な初めての幸せの瞬間の思い出を分かち合い、2人は再び恋に落ちるのだが…。

■ヒロインは『私の頭の中の消しゴム』のソン・イェジン


いまもなお、日本における韓国映画の歴代興行ランキング1位(興行通信社調べ)を誇る『私の頭の中の消しゴム』のソン・イェジンがヒロインを務め、14年ぶりの恋愛映画に挑戦したことで話題を呼んだ本作。韓国版ならではの要素やオリジナルエピソードも盛り込まれ、本国では公開からわずか15日で動員200万人を突破し、韓国における恋愛映画では最速記録を打ち立てた。

また、ヒロインと再び恋に落ちるウジン役には、『映画は映画だ』やドラマ「ごめん、愛してる」「オー・マイ・ビーナス」など、多くのドラマや映画に主演し、日本でも人気を集める実力派俳優ソ・ジソブが初の父親役に挑戦。その鍛え上げられた肉体美を封印し、親しみやすい笑顔で優しい父親像を作り出し、新たな魅力を開花させている。

■雨の日の再会…切なくも温かい感情を呼び起こす初映像


この度解禁となった特報映像は、雨の日に、1年前に亡くなったはずのスアとウジンが再会する場面から始まる。全ての記憶を失った状態で現れたスアに、ウジンは2人の出会いの瞬間や、幸せな日々について話し始める。失っていた思い出を呼び戻し、ウジンと再び恋に落ちるスア。そんなスアとの現在が大切で幸せなウジンの姿は、切なく温かい感情を呼び起こし、涙を誘う映像となっている。


また、併せて解禁されたビジュアルでは、スアとウジンがキスを交わす姿が。「僕たちは、再び恋に落ちた」というキャッチコピーが添えられており、切なくも心温まる純愛映画を予感させる。日本でも、『私の頭の中の消しゴム』を超える“いまあい”ブームが再び巻き起こることになりそうだ。

『Be With You ~いま、会いにゆきます』は2019年春、シネマート新宿ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top