【ドラマニア】働く女性必見!「共感型」秋ドラマに大注目

2018年の最後を締めくくる秋ドラマも中盤に。今期は、働く女性にスポットを当てた“共感型”ドラマが大きな話題を集めています。

最新ニュース
「獣になれない私たち」 (C) NTV
  • 「獣になれない私たち」 (C) NTV
  • 新垣結衣
  • 松田龍平(c)JUNJI HATA
  • 「僕らは奇跡でできている」 (C) KTV・フジテレビ
  • 高橋一生/「僕らは奇跡でできている」
  • 「忘却のサチコ」 (C) 阿部潤・小学館/「忘却のサチコ」製作委員会
  • 高畑充希
2018年の最後を締めくくる秋ドラマも中盤に。今期は、働く女性にスポットを当てた“共感型”ドラマが大きな話題を集めています。そこで今日は、毎クール全ての作品をチェックしているドラマニアな筆者直伝! 忙しない日々を送る皆さんへ――心の栄養剤となるおすすめの3作品を、ピックアップしてご紹介していきましょう。

■理性的人間の落とし穴――“SOS”が大の苦手 「獣になれない私たち」


「獣になれない私たち」 (C) NTV
社会派作品、取り分け女性の本音に定評のある脚本家・野木亜紀子さんが描くオリジナルラブストーリー「獣になれない私たち」は、仕事帰りのクラフトビールバーで偶然出会った男女――赤の他人だからこそ本音でぶつかり合う2人の姿を、時に笑えるコメディータッチな会話で切なくもリアルに映し出していきます。

新垣結衣さん演じる主人公・晶は、常に笑顔で仕事も完璧。誰からも愛されるまさにパーフェクトなキャラクター。しかし、実はその裏で人知れず身を削るような努力をしており、周りが皆当たり前の様に「君なら出来る」と頼みを押し付けてくることに我慢の限界を迎えていました。唯一の味方だと思っていた彼氏さえも、晶の優しさに甘え始め、爆発寸前!

懸命に器用を装っているけれど、本当はすごく不器用で上手く“SOS”が出せないそのもどかしさに、世の女性たちからは「わかる!」「彼女のような人が、社会のバランスを保っている」と、共感の声が続々呟かれています。

劇中では、晶同様、心に分厚い鎧を着込んだエリート会計士の恒星(松田龍平)との触れ合いが、プラスの化学反応となって進展。「獣になり切れない」理性的な彼らが、行き着く先とは…? 成長する姿を見届けながら、共に成長――癒しの時間をお過ごしくださいませ。

■懸命に生きているからこそ、“こじらせ”に拍車が 「僕らは奇跡でできている」


「僕らは奇跡でできている」 (C) KTV・フジテレビ
高橋一生さん演じる、生き物の不思議に目がない風変りな大学講師・一輝と、彼を取り巻く個性的なキャラクターが織り成すハートフルコメディ「僕らは奇跡でできている」。周りの評価は一切気にしない、超マイペース体質の主人公をイソップ物語の亀と称すなら、まさに対照的――1位という評価に向かって猪突猛進に駆け抜ける兎のようなキャラクター、ヒロインの水本育実(榮倉奈々)の生き方にいま、大きな注目が集まっています。

容姿端麗、若くして歯科クリニックの院長を務める育実は、一見誰からも羨まれる完璧な人生を送っている風に見えるのですが…正論をかざし過ぎて疎まれてしまうこともしばしば。時に冷ややかな視線を集めてしまう“こじらせ”な一面が、非常にリアルだと話題に。

努力のモチベーションとなるゴールへ設定が「他者(社会)からの評価」であるため、思うように賛同を得られないとついヤキモキ。「私は間違っていない」「こんなに頑張っているのに、どうして!?」と、生真面目な性格ゆえ、自らが課した重圧に耐えきれなくなる彼女の悶絶に共感を覚える方も多いのではないでしょうか。そんな時は一度立ち止まり、「周りの評価ではなく、自分が好きな自分でいられるか」主人公・一輝の核心をつく名台詞を思い出してみてはいかがでしょうか。

■“あるある”感満載! 疲れた心に染み渡る、美食タイム 「忘却のサチコ」


「忘却のサチコ」 (C) 阿部潤・小学館/「忘却のサチコ」製作委員会
最後がこちら。人気コミック「忘却のサチコ」が連ドラに! ビジュアルを見る限り、一瞬「流行りのグルメドラマか?」と思われがちですが、この作品はもっと奥が深い。美味しいお店の情報を得られるだけでなく、主人公と共に極上の癒しを体験できるからおすすめです。

高畑充希さん演じるサチコは、真面目な性格と完璧な仕事ぶりから「鉄の女」と一目置かれる、文芸誌編集者。旅先で出会った運命の相手(早乙女太一)と結婚を約束し、完璧な人生を手に入れるはずだったのですが…式当日、婚約者が突如失踪してしまいます。自分をさらけ出すことが苦手なサチコは、必死で平静を装う毎日。自分でも知らず知らずのうち、心に大きな打撃を受けていた彼女を救ったのが――温かくて美味しい食事。誰しも一度は同じような経験、あるのではないでしょうか。

冷たく凍てついてしまった心に染み渡る温もり。そのあまりの美味しさに、悶々としていた悩みを忘却する“あるある”感は、見ているだけでスッキリ! 回を追う毎、美食を求めて奔走するサチコの背中に癒されること間違いなしですよ。

以上、いかがでしたか?
完璧に見える女性ほど、胸の奥に秘めた悩みがあると言えるでしょう。これからは、いままで見えていた景色がほんの少し違って見えて来るかもしれませんね。
《text:Yuki Watanabe》

関連ニュース

特集

page top