篠原涼子“娘”からの手紙に感涙、坂口健太郎がそっとハンカチ

女優の篠原涼子が11月17日(土)、都内で行われた主演作『人魚の眠る家』の公開記念舞台挨拶に登壇した。この日は、娘を演じた子役の女の子がサプライズ登壇し、感謝の手紙を朗読。感極まった篠原さんは「私も一緒にお仕事できて幸せだった」を感涙していた。

最新ニュース
篠原涼子、稲垣来泉ちゃん『人魚の眠る家』公開記念舞台挨拶
  • 篠原涼子、稲垣来泉ちゃん『人魚の眠る家』公開記念舞台挨拶
  • 篠原涼子『人魚の眠る家』公開記念舞台挨拶
  • 西島秀俊『人魚の眠る家』公開記念舞台挨拶
  • 坂口健太郎『人魚の眠る家』公開記念舞台挨拶
  • 篠原涼子、坂口健太郎『人魚の眠る家』公開記念舞台挨拶
  • 篠原涼子、西島秀俊、稲垣来泉ちゃん、斎藤汰鷹くん『人魚の眠る家』公開記念舞台挨拶
  • 篠原涼子、稲垣来泉ちゃん『人魚の眠る家』公開記念舞台挨拶
  • 篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、松坂慶子、堤幸彦監督、稲垣来泉ちゃん、斎藤汰鷹くん『人魚の眠る家』公開記念舞台挨拶
女優の篠原涼子が11月17日(土)、都内で行われた主演作『人魚の眠る家』の公開記念舞台挨拶に登壇した。この日は、娘を演じた子役の女の子がサプライズ登壇し、感謝の手紙を朗読。感極まった篠原さんは「私も一緒にお仕事できて幸せだった」を感涙していた。

■西島秀俊さんも感涙…と思いきや「涙が引っ込みました」理由は?



篠原涼子、西島秀俊、稲垣来泉ちゃん、斎藤汰鷹くん『人魚の眠る家』公開記念舞台挨拶
舞台挨拶には篠原さんをはじめ、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、松坂慶子、堤幸彦監督が出席。そして、子役の稲垣来泉ちゃん、斎藤汰鷹くんもサプライズで駆けつけた。「将来は篠原さんみたいに、いつも楽しく笑っていて、お料理が上手なかわいい女優さんになりたい」と手紙を読み上げた来泉ちゃん。父親を演じた西島さんについては「たれ目でスーツが似合う面白い人」と評したが、当の西島さんは「泣きかけたんですけど、(涙が)引っ込みました」と“娘”の評価に苦笑いだった。ちなみに篠原さんが涙を流した際、隣に立つ坂口さんがそっとハンカチを手渡す場面もあった。

篠原涼子、坂口健太郎『人魚の眠る家』公開記念舞台挨拶

■篠原涼子さん“人魚ドレス”に恐縮「出しゃばっちゃって、申し訳ありません」


この日、ゴールドのスパンコールがまぶしい“人魚ドレス”に身を包んだ篠原さんは、「私が人魚ってわけじゃないのに、なんでかこうなってしまって。出しゃばっちゃって、申し訳ありません」と主演女優なのに恐縮しきり。それでも、客席から「かわいい!」と歓声があがると、「せっかくすてきなお召し物を用意していただき感謝です。今日は自信をもってここに立っていたい」と背筋を伸ばした。

篠原涼子『人魚の眠る家』公開記念舞台挨拶

■「出会えたことが奇跡」篠原さんの熱演が大きな話題!


東野氏の作家デビュー30周年を記念して執筆され、発売からわずか1か月で27万部を超えるベストセラーとなった同名小説を堤幸彦監督が映画化。すでに離婚が決まっていた薫子(篠原さん)と、会社経営者の夫・和昌(西島さん)のもとに、娘の瑞穂(来泉ちゃん)がプールで溺れ、意識不明になったという知らせが届く。医師から脳死を宣告されるなか、夫婦は「脳死を受け入れ臓器を提供するか、心臓死をただ待つか」という究極の二択を迫られる。

篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、松坂慶子、堤幸彦監督、稲垣来泉ちゃん、斎藤汰鷹くん『人魚の眠る家』公開記念舞台挨拶
早くも篠原さんの熱演が高く評価されており、本人も「現場の皆さん、そして東野圭吾さんの熱量が詰まったこの作品に出会えたことは、私にとって奇跡のようなこと」と誇らしげだった。

『人魚の眠る家』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top