篠原涼子、主演女優賞に「映画を代表して私が賞をいただいた気持ち」西島秀俊も称賛

東野圭吾原作『人魚の眠る家』の大ヒット御礼舞台挨拶が、11月28日に新宿ピカデリーで行われ、本作で夫婦役を演じた篠原涼子と西島秀俊に主題歌を歌う絢香が登壇。

最新ニュース
『人魚の眠る家』大ヒット御礼舞台挨拶(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
  • 『人魚の眠る家』大ヒット御礼舞台挨拶(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
  • 『人魚の眠る家』大ヒット御礼舞台挨拶(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
  • 『人魚の眠る家』大ヒット御礼舞台挨拶(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
  • 西島秀俊/『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
  • 『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
  • 『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
  • 『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
  • 『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
現在公開中の人気作家・東野圭吾原作映画『人魚の眠る家』の大ヒット御礼舞台挨拶が、11月28日に新宿ピカデリーで行われ、本作で夫婦役を演じた篠原涼子と西島秀俊に主題歌を歌う絢香が登壇した。

>>『人魚の眠る家』あらすじ&キャストはこちらから

主演の篠原さんは、プールで溺れて意識不明となり、回復の見込みのない娘を生かし続けるか、死を受け入れるかという究極の選択を迫られる母親・播磨薫子を熱演し、先日発表された「第43回報知映画賞」では主演女優賞を受賞。

『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
このことについて篠原さんは、「私のような人間がもらっていいのかなと思いつつ…でも心の中では本当に嬉しいです」と喜びを語り、「堤監督をはじめとしたスタッフの方々に守られ、魅力的なキャストの方々にリードしていただいたおかげだと思います。映画を代表して私が賞をいただいた気持ちです」とコメント。

対して、薫子の夫・和昌を演じた西島さんは「本当におめでとうございます。本当によかったね!」と満面の笑みを見せ、「撮影時は毎日段取りから号泣して、1日泣いて帰るというのを繰り返すほど役に没頭して熱演していたので、これは賞をとらなきゃだめだろうと思っていました」撮影の様子を明かしつつ、篠原さんを讃えていた。

『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
この日は、スペシャルゲストとして本作の主題歌「あいことば」を歌う絢香も登場。本楽曲が生まれた経緯については「究極の状況下にいる母と娘、そしてその家族の絆や関係性をどういう言葉で表すのがいいかなと考えていた時に、実際に触れられないし見ることができないけど、でも心で感じられる様なそんな言葉が見つかったらいいなと思っていました。そこで出てきたのが曲の冒頭の『透明な愛言葉』というフレーズです。心から愛した大切な誰かを失うことは誰もが経験しますが、別れた後の世界でも希望や救いを求められたらいいなという思いでこの楽曲を制作をしました」と制作秘話を明かした。

また、初めて「あいことば」を聴いたとき、「この作品のためにここまで思いを寄せてくれる曲があるのかと思うくらい震えました」とふり返った篠原さん。さらにこの曲を聴くとつい歌いたくなってしまうそうで、家だけでなくカラオケに行ったときにも「すごく歌っています! 1日に2回くらい歌っちゃいます」と告白も。

そして今回のイベントでは、サプライズプレゼントとして絢香さんが「あいことば」を生披露する場面も。観客席で生歌を聴いていた2人は、「涙が出そうだったけど、舞台に立たないといけないので我慢しました。本当に素敵で、気持ちがぐっときてしまって、生で拝見できて幸せすぎます」(篠原さん)、「感動しました…いや、感動しました」(西島さん)とそれぞれその感動を表現していた。

『人魚の眠る家』大ヒット御礼舞台挨拶(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
『人魚の眠る家』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top