ホアキン・フェニックスが風刺漫画家に!ガス・ヴァン・サント最新作『ドント・ウォーリー』公開決定

ガス・ヴァン・サント監督3年ぶりの新作『ドント・ウォーリー』が来年5月に公開されることが決まった。主演は、ホアキン・フェニックス。アメリカの風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生が描かれる。

映画
『ドント・ウォーリー』(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
  • 『ドント・ウォーリー』(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
  • ホアキン・フェニックス -(C) Getty Images
  • 『ドント・ウォーリー』ムビチケカード(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
  • 『ドント・ウォーリー』特典ポストカード(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
  • ルーニー・マーラ -(C) Getty Images
  • ジョナ・ヒル-(C)Getty Images
ガス・ヴァン・サント監督3年ぶりの新作『ドント・ウォーリー』が来年5月に公開されることが決まった。主演は、ホアキン・フェニックス。アメリカの風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生が描かれる。

■あらすじ


オレゴン州ポートランドでアルコールに頼りながら日々を過ごしているジョン・キャラハン。自動車事故の後遺症で下半身麻痺になってしまったキャラハンは、酒浸りで自暴自棄な毎日を送っていた。しかし、過去を乗り越え、持ち前のユーモアと不自由な手を使って、風刺漫画を描き始める。59歳で他界したキャラハンと、彼の人生を支え続けたかけがえのない人たちの物語。

■ロビン・ウィリアムズの意思を受け継ぎ、ガス・ヴァン・サント監督が映像化


2014年に他界した名優、ロビン・ウィリアムズは『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の公開当時から本作の企画を考えていた。ガス・ヴァン・サントはウィリアムズの死後、彼の意志を受け継ぎ、自身の半生を綴ったジョン・キャラハンの自伝をもとに、ついに映画化へと本格的に乗り出した。監督自らが脚本を書き、約20年の月日を経て、念願の劇場公開となる。

ガス・ヴァン・サントは本作について、「キャラハンは僕の住んでいたポートランドでとても有名で、すごいスピードで街を(車椅子で)走り回っていたからね。また『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』に出演してくれたロビン・ウィリアムズは、彼の漫画がとても好きで、ずっと愛読していたんだ」と明かしている。

主演を務めるのはホアキン・フェニックス。今年日本でも公開された『ビューティフル・デイ』では、カンヌ国際映画祭男優賞を受賞。来年には、自身がジョーカー役として出演する『Joker』の公開も控えており、今後の活躍にも注目が集まっている。本作では、キャラハンの仕草や話し方を徹底的に研究し、見事に演じきった。ホアキン・フェニックスの俳優魂も見所のひとつとも言えるだろう。

ホアキン・フェニックス -(C) Getty Imagesホアキン・フェニックス -(C) Getty Images
また、共演者に『キャロル』『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラ、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のジョナ・ヒル、『ルイスと不思議の時計』のジャック・ブラックと、豪華俳優陣が名を連ねている。

2018年サンダンス映画祭、第68回ベルリン映画祭に正式出品された話題作がついに日本公開となる。

『ドント・ウォーリー』は2019年5月よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top