小池徹平、狂気の果ての“放心”に「救いないの?」と同情の声も「大恋愛」8話

戸田恵梨香、ムロツヨシが共演するTBS系金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の第8話が11月30日放送。小池徹平演じる公平のますます加速する恐怖を感じる視聴者の反応が殺到。一方で悲しい結末に“同情”の声も寄せられている。

最新ニュース スクープ
「大恋愛~僕を忘れる君と」第8話 (C) TBS
  • 「大恋愛~僕を忘れる君と」第8話 (C) TBS
  • 「大恋愛~僕を忘れる君と」第8話 (C) TBS
  • 「大恋愛~僕を忘れる君と」第8話 (C) TBS
  • 「大恋愛~僕を忘れる君と」第8話 (C) TBS
  • 「大恋愛~僕を忘れる君と」第8話 (C) TBS
  • 「大恋愛~僕を忘れる君と」第8話 (C) TBS
  • 「大恋愛~僕を忘れる君と」第8話 (C) TBS
  • 「大恋愛~僕を忘れる君と」第8話 (C) TBS
戸田恵梨香、ムロツヨシが共演するTBS系金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の第8話が11月30日放送。小池徹平演じる公平のますます加速する恐怖を感じる視聴者の反応が殺到。一方で悲しい結末に“同情”の声も寄せられている。

戸田さんが若年性アルツハイマーに侵された女医の北澤尚を、ムロさんが彼女を一途に支える小説家の間宮真司をそれぞれ演じるほか、尚の元婚約者で主治医として尚を支える井原侑市に「TOKIO」松岡昌宏、侑市に惹かれつつある尚の母・薫に草刈民代、尚と同じく若年性アルツハイマーで尚と真司の仲を引き裂こうとする松尾公平に小池さんといったキャスト。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
真司の子どもを産む決意をした尚。薫にそのことを伝えると意外にもあっさり受け入れる。驚いた尚は柚香(黒川智花)と“好きな人でもできたのでは!?”と勘ぐる。

一方侑市は診察に訪れた公平に、ほかの患者に危害を加えるなら転院してもらうと注意するも、公平は納得しない。侑市の警告にも関わらず公平は尚のクリニックを突き止め、偶然を装い尚と親しくなっていく。その頃真司は自宅にスマホを忘れたことに気付き、担当編集の水野(木南晴夏)が取りに行くと、帰宅した尚と鉢合わせに。


その夜尚と真司はケンカしてしまう。家を出て行った尚に公平は声をかけ、睡眠薬入りのコーヒーを飲ませると真司に電話、呼び出された真司は逆上し公平に殴りかかろうとするが、尚が止めに入る。尚は公平が怪しいと察してコーヒーを飲まず眠ったふりをしていたのだった…というのが8話のストーリー。


前回に増して狂気が加速する公平に今週も「うわ、やばいストーカー」「怖すぎて鳥肌たつ」などの声が殺到。祖母がアルツハイマーだという視聴者からは公平の症状を攻撃型アルツハイマーではないかとしたうえで「6年間介護し、攻撃型に豹変する時を目の当たりにしてるからわかる」というコメントも。


またラストで尚は公平に「あなたを恨まない、恨んだところで忘れちゃうんだから。だから私のことも忘れてください」と告げ、公平は放心したような表情で諦めるのだが、これに対し「尚ちゃん考え方が尊いな かっこいい」など、尚の発言に賞賛が集まる一方、「松尾に救いないの?ちゃんと幸せになってから遠い世界に行けるエンドないの?」と、公平に同情する声も上がっていた。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top