佐藤二朗、岡田准一『ザ・ファブル』でそっくりキャラに!「全く僕と同じ」

岡田准一が主演、共演に木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市と超豪華なキャストが集結する実写映画『ザ・ファブル』に佐藤二朗の出演が決定した。

映画
「V6」岡田准一が主演、共演に木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市と超豪華なキャストが集結する実写映画『ザ・ファブル』。この度、岡田さん演じる主人公“ファブル”が一般社会で佐藤アキラとなり、人生で初めてアルバイトをすることになるデザイン会社社長役に佐藤二朗の出演が決定した。

>>『ザ・ファブル』あらすじ&キャストはこちらから

「週刊ヤングマガジン」にて連載中の原作は、単行本累計部数280万部突破、2017年度講談社漫画賞「一般部門」を受賞し、いま最も面白い作品と呼び名が高い人気コミック。抜群の身体能力で知られる岡田さんが、“どんな相手も6秒以内に殺す”通称ファブルと呼ばれる伝説の殺し屋役に初めて挑む。

そして今回、本作への参加が決定した佐藤さんは、近年は映画『銀魂』シリーズやドラマ「今日から俺は!!」「聖☆おにいさん」などヒット作への出演が相次ぎ、コメディからシリアスな作風まで、TVドラマ、映画、舞台と多方面に引っ張りだこ。

演じるデザイン会社の社長・田高田は面倒見の良い性格で、お酒や飲み会が大好きというキャラクター。面倒見が良いゆえに、社員であるミサキ(山本さん)の紹介で佐藤アキラ(岡田さん)を受け入れる。その人柄はまるで共演者からたびたび暴露される、佐藤さんにそっくり…!? キャラクターとのシンクロ率にも注目だ。

まさか目の前の男が伝説の殺し屋と知らずに雇ってしまう田高田。原作でもほかのキャラクターとのコミカルなやりとりが人気の役柄だけに、岡田さんを初めとする豪華キャスト陣との関わりにも期待感が高まる。

佐藤さんは、「僕が演じる田高田は、一見いい加減だけど、デザインを見る眼は確かで、社員に対する愛が深い人だと思います。そして“酒好きのオヤジ”というところはリンクどころか全く僕と同じです(笑)」と自ら語り、「岡田くん演じる佐藤アキラ(ファブル)の束の間の休息になればと思いながら演じました」とコメント。「ほかにない独特の世界観を持つ作品になると思います」と期待を煽っている。

『ザ・ファブル』は2019年、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top