ヘンリー王子&メーガン妃の“生きた”蝋人形お披露目!…「気味が悪い」「怖い」と話題

火曜日(現地時間)、ドイツ・ベルリンのマダム・タッソー蝋人形館で、ヘンリー王子とメーガン妃の蝋人形がお披露目された。

最新ニュース
火曜日(現地時間)、ドイツ・ベルリンのマダム・タッソー蝋人形館で、ヘンリー王子とメーガン妃の蝋人形がお披露目された。この2人の蝋人形が、「気味が悪い」、「怖い」、「気持ち悪い」と話題になっている。

「似ている」、「似ていない」という以前に、違和感が前面に押し出された2人の蝋人形。実はこれ、ものまねタレントが蝋でできたヘンリー王子とメーガン妃の顔のマスクをかぶっている“生きた”蝋人形なのだ。

クリスマスシーズンに合わせ、ヘンリー王子のマスクをかぶった男性はトナカイと雪の結晶の模様がついたセーター、メーガン妃のマスクをかぶった女性はエルフの模様がついたセーターを着用。スタイリッシュと評されることの多い本物のメーガン妃とは程遠いファッションなものの、妊娠中のお腹のふくらみはしっかりと再現している。

ヘンリー王子とメーガン妃になりきった2人は、クリスマス・デコレーションで飾られた部屋で好き放題に振る舞った。メーガン妃の方はお腹のふくらみにサンタ帽をかぶせてみたり、ヘンリー王子の膝の上に乗ってみたりと、テンションの高いメーガン妃を演じてみせた。
《Hiromi Kaku》

編集部おすすめの記事

特集

page top