堤真一×橋本良亮、舞台で初タッグ! 「良い子はみんなご褒美がもらえる」

俳優・堤真一と「A.B.C-Z」の橋本良亮が出演するトム・ストッパード作の舞台「良い子はみんなご褒美がもらえる」が、2019年4月20日(土)よりTBS赤坂ACTシアターにて上演することが決定した。

最新ニュース
俳優とオーケストラのための戯曲「良い子はみんなご褒美がもらえる」
  • 俳優とオーケストラのための戯曲「良い子はみんなご褒美がもらえる」
  • 堤真一/WOWOW「連続ドラマW 名刺ゲーム」の第1話完成披露試写会
俳優・堤真一と「A.B.C-Z」の橋本良亮が出演するトム・ストッパード作の舞台「良い子はみんなご褒美がもらえる」が、2019年4月20日(土)よりTBS赤坂ACTシアターにて上演することが決定した。

舞台はソビエトと思われる独裁国家の精神病院の一室。誹謗罪で投獄された政治犯の男アレクサンドル・イワノフと、自分はオーケストラを連れていると主張する精神病患者 アレクサンドル・イワノフ。政治犯と妄想に囚われた2人の男は精神病院で同室となるが――。

本作は、舞台「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」「アルカディア」、映画『恋に落ちたシェイクスピア』を手掛ける英国劇作家の巨匠トム・ストッパードが、“俳優とオーケストラ”のために書き下ろした異色作。言葉遊びや明瞭なユーモアと哲学的観念がふんだんに盛り込まれ、またオーケストラが劇中に登場する。

精神病院で同室となる2人を演じるのが、『銀魂2 掟は破るためにこそある』への出演が話題になったことも記憶に新しい堤さんと、男性アイドルグループ「A.B.C-Z」のメンバーであり『劇場版 BAD BOYS J -最後に守るもの-』など俳優としても活動する橋本さん。誹謗罪でつかまった政治犯の男を堤さん、妄想に囚われた男を橋本さんが演じる。

ストッパード作品は「アルカディア」に続き2度目となった堤さんは、「僕にとってもオーケストラと一緒に芝居をするのは初めての挑戦となります。『アレクサンドル』は政治犯にも関わらず精神病院に収監されてしまいます。『社会の常識』から外れているとレッテルを貼られてしまった男がどのように自由を手にするのか、ストッパードが皮肉も込めてつくったこの作品をぜひ堪能してもらえたら嬉しいです」とコメント。

橋本さんは「35人のオーケストラと舞台上で同じ空間に存在するというのがどんな感じになるのか、まだ想像があまりつかないですが、凄い事だなって思うし、嬉しい気持ちと緊張感が非常にあります」と現在の心境を明かし、役については「とても起伏の激しい役柄」と説明。「大先輩である堤真一さんとご一緒できることは非常に光栄で楽しみで仕方ありません。難しい題材ではありますが、堤さんの胸を借りて良い芝居が出来るように、自分を信じて頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。

なお、本公演の前売りチケットは2019年2月9日(土)より開始となる。

俳優とオーケストラのための戯曲「良い子はみんなご褒美がもらえる」は2019年4月20日(土)~5月7日(水)TBS赤坂ACTシアター/東京、5月11日(土)~5月12日(日)フェスティバルホール/大阪にて上演。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top