尾野真千子が社会派サスペンスに挑む!平凡なOLから犯罪者に… 連続ドラマW「絶叫」

2019年3月放送のWOWOW連続ドラマWは、尾野真千子主演の「絶叫」を放送することが決定した。原作は葉真中顕の同名小説。

最新ニュース
連続ドラマW「絶叫」主演・尾野真千子
  • 連続ドラマW「絶叫」主演・尾野真千子
  • 『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』完成披露プレミア試写会/尾野真千子
2019年3月放送のWOWOW連続ドラマWは、尾野真千子主演の「絶叫」を放送することが決定した。原作は葉真中顕の同名小説。監督は「救命病棟24時」「医龍-Team Medical Dragon-」シリーズの水田成英、脚本は「砂の塔~知りすぎた隣人」の池田奈津子が手掛ける。

国分寺のアパート。死後半年とみられる女性の遺体が発見された。遺体は複数の飼い猫に食われ、原型をとどめていない。「よくある孤独死」と処理されそうになるが、刑事・綾乃はある違和感を抱く。ペットの猫たちのトイレトレーニングがなっていない。本当に猫たちは彼女のペットなのか? 空の金魚鉢の中に「鈴木陽子」の通帳を見つける綾乃。遺体は「鈴木陽子・36歳」のものであるようだ。「彼女はどんな人生を歩んできたのだろうか?」綾乃は陽子の人生に思いを馳せる――。

今回尾野さんが演じるのは、ごく一般的な家庭に生まれた“普通の女”鈴木陽子。しかし、借金を抱えた父親の失踪をきっかけに、彼女の人生は暗転する。愛されたい、経済的に独立したい、そして周囲から認められたい。あらゆる女性が当然に抱く思い、それ故に自分自身を苦しめてしまう陽子の人生は、一つ間違えれば誰にでもありうることなのかもしれない。

そしていつしか社会から見捨てられた人間となった陽子は、そこから這い上がるために自分の存在を確立し立ち上がる。生きるため、保険金殺人に手を染めていく…。

息もつかせぬストーリー展開、圧巻のトリック、そして全てを覆す衝撃のクライマックス。一時も目が離せない内容となっているようだ。

主演を務める尾野さんは「孤独を演じるのだと、ひとりぼっちを演じるのだと、心が痛くなりました。それでも何か1つでもその女性に共感できるものを探しながら関わってくださる皆さんと楽しく撮影できたらなと思います!」と意気込みのコメントを寄せている。

連続ドラマW「絶叫」は2019年3月24日(日)22時~WOWOWプライムにて放送開始(全4話/第1話無料放送)。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top