大泉洋演じる主人公に学ぶ!生まれ変わりたい人に響く名言集『こんな夜更けにバナナかよ』

新しく生まれ変わりたい人必見、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の主人公・鹿野の印象的な言葉を紹介する。

映画
『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 (C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
  • 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 (C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
  • 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 (C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
  • 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 (C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
  • 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 (C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
  • 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 (C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
  • 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 (C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
  • 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 (C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
  • 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(C)2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
大泉洋が主演を務める、笑いあり涙ありの実話『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』。筋ジストロフィーという難病を患い、体で動かせるのは首と手だけでありながら、自ら多くのボランティアを集めて自宅で自立生活を続けた鹿野靖明という実在の人物を、大泉さんが熱演。

いち早く本作を見た観客からは、体は不自由でも心は自由、自分の心のままに生きた鹿野に「考えさせられたし、感動した」「鹿野さんの生き様こそが最高のメッセージ」との声も上がっている。新年は、新たな自分に生まれ変わるチャンス。今回は生まれ変わりたい人必見、映画の中から鹿野の印象的な言葉を紹介しよう。

>>『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』あらすじ&キャストはこちらから

「俺は、1日1日が、勝負なんだ」



『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 (C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
筋ジストロフィーという難病を抱える鹿野は、文字通り毎日が“命懸け”だ。夜中に突然、バナナが食べたいと思ったらバナナを食べる。好きな人に告白したい、と思ったら告白する。鹿野が何かを思いついてから、言葉として発するまでの時間は早く、迷いがない。やりたいことを通すために誰かとぶつかる時もあるが、そんなときは諦めずに言葉を投げかけ、相手を動かす。

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 (C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
「思ってることを他人に伝えるのは相当の熱量が必要だし疲れるけど、向き合わないと本当の意味で人生を謳歌できないんじゃないかと、改めて考えさせられた」と語るのは、鹿野のボランティア・田中を演じた三浦春馬。人生において時間が有限なのは、誰もが平等だ。自分の人生は自分だけのものであり、ぶつかりを避けていては自分自身の人生を歩けないこともある。バイタリティあふれる鹿野の行動の源は、こういった心構えにあるのだろう。

「後ろめたいなら、うそをほんとにしちゃえばいい」



『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 (C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
教育大生だとまわりにうそをついていた鹿野のボランティアのひとり、美咲(高畑充希)に対して、鹿野が発したこの言葉。体が動かなくなっても自立生活を続けるために、ボランティアを集めて介助指導を行ったり、アメリカへ行く夢を叶えるために英検2級の勉強を続けるなど、誰もが不可能だと思う状況でも自ら道を切り開いてきた鹿野は、強い意思さえあれば夢は必ず叶うと、自らの行動をもって示してきた。夢を追い続けることは難しいようで、意外とシンプルなことでは? と気づかせてくれるひと言だ。

「人はできることより、できないことの方が多いんだぞ」



『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 (C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
24時間誰かの介助なしでは生きていけない鹿野は“誰かに頼ること”を恐れない。それは「人はできることより、できないことの方が多い」ことを知っているからだ。“人様に迷惑だけはかけないように”と言われることのほうが多い昨今。しかし、鹿野を演じた大泉さんもこの映画に関わったことによって、人に頼ることに対しての認識が変わったという。

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 (C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
12月に行われた障害者週間の講演会では、「子供には、“人に迷惑をかけるんじゃない”と、今まで教えることがありましたが、人に迷惑をかけることを恐れるよりも、自分でできないことがあれば、助けを求める。そして、逆に助けを求められた時には助ける。それが大事なんだと思いました」と語っており、頼る勇気を持つこと、と同時に、それに応える優しさや心の余裕を持つことが人との関係に変化を与えていくのかもしれない。

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』は12月28日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top