オダギリジョー×麻生久美子「時効警察」12年ぶり連ドラ復活!

「時効警察」が、連続ドラマとして2019年、放送されることが決定。オダギリジョーが主人公・霧山修一朗を演じるほか、助手として麻生久美子も参戦する。

最新ニュース スクープ
「時効警察2019」(仮)
  • 「時効警察2019」(仮)
  • オダギリジョー
  • 麻生久美子/『散り椿』完成報告記者会見
最高視聴率12.1%を記録した2006年放送のコメディーミステリー「時効警察」が、2019年、連続ドラマとして帰ってくることが分かった。オダギリジョーが主人公・霧山修一朗を演じるほか、助手として麻生久美子も続投する。

2006年1月クールの「金曜ナイトドラマ」枠に登場し、“時効成立事件”という特異なものにスポットを当てた、シュールな小ネタ満載の“脱力系コメディーミステリー”「時効警察」。最高視聴率は12.1%、平均視聴率は10.1%を記録し、「第23回ATP賞テレビグランプリ2006ドラマ部門最優秀賞」にも輝いた。翌年の4月クールにはパート2となる「帰ってきた時効警察」を放送し、こちらもヒットを記録した。

それから12年。2010年4月に殺人事件の時効が廃止されたいま、今作「時効警察2019」(仮)では、“逃げ切った犯人 VS 時効事件を趣味で捜査する男・霧山”のドラマを描いていくという。

新シリーズでは、霧山が出向していたアメリカのFBIから12年ぶりに帰国。再び総武署の“時効管理課”に戻ってきたところからスタート。“時効管理課”の主な仕事は、時効になった事件の資料を検察へと送ることと、その捜査資料の管理だが、殺人など重大事件の時効が廃止されたいま、以前よりもさらに窓際な部署に…。そんな古巣に戻ってきた霧山は、時効を迎えた事件を私的に捜査するという“趣味”を再開。

霧山にとって捜査はあくまで趣味なため、対象とする事件は大小様々。たとえ犯人を突き止めたとしても成敗などするわけではなく、自分の推理が正しいことを確かめたい…ただそれだけ。真相を暴かれ真っ青になった犯人をあまり心配させないために、霧山は毎回犯人に一枚のカードを手渡す。それが“誰にも言いませんよカード”だ。

劇中には、サスペンス、人間ドラマ、そして笑いと、様々な要素が散りばめられるという本作。シュールでポップ、そしてなんとなくゆるい…心なごむミステリーが展開していく。

今作でも、オダギリジョーが主人公・霧山修一朗を演じ、コメディーセンスを爆発させるほか、時効捜査の“助手”三日月しずかを麻生久美子が演じ、再々タッグを組む。

「12年も経過して復活する作品なんて、なかなかないと思う」と今回の新シリーズ放送に喜びを示すオダギリさんは、「高齢化したキャスト&スタッフ手を取り合って、前作以上に面白い作品にしたいと思います」と意気込み。

オダギリジョー
また麻生さんも「まさか実現しないと思っていたので、この発表で現実になることに驚きを隠せません」と言い、「オダギリさんとは時効警察でご一緒した頃から長らくお目にかかっておりませんので、少し緊張してしまいそうです。あの頃の様に、いえ、それ以上の作品を目指して、また一緒にお芝居させて頂けることを今からとても楽しみにしております」と撮影が待ち遠しいと話している。

麻生久美子/『散り椿』完成報告記者会見
「時効警察2019」(仮)は2019年、テレビ朝日にて放送予定。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top