杉咲花&新田真剣佑&北村匠海ら“十二人の子どもたち”大集合!堤監督も「大変素敵な役者」

若手オールスターキャストが話題の映画『十二人の死にたい子どもたち』のジャパンプレミアが1月9日(水)、ヒューリックホール東京にて行われ、主人公となった十二人のキャスト陣と堤幸彦監督が勢揃いした。

最新ニュース レポート
『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア
  • 『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア
  • 『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア
  • 『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア
  • 高杉真宙/『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア
  • 北村匠海/『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア
  • 『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア
  • 竹内愛紗/『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア
  • 古川琴音/『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア
若手オールスターキャストが話題の映画『十二人の死にたい子どもたち』のジャパンプレミアが1月9日(水)、ヒューリックホール東京にて行われ、主人公となった十二人のキャスト陣と堤幸彦監督が勢揃いした。

堤監督が命名「十二人の見切った子どもたち…」




ジャパンプレミアでは、トータライザーを用いて、キャスト同士の本音を暴く企画が行われた。「堤監督の次回作にぜひ出演したい人はボタンを押して」という問いを受けて、堤監督は「それはもう、ねえ」とホクホク顔だったが、電光掲示板にはなんと「0人」という数字が表示された。愕然とした堤監督は「十二人の見切った子どもたち…」と力なくリアクション。すると、杉咲花が「もうあんな現場耐えられないですよ! …というのはうそです(笑)。監督をだまそうって、みんなでさっき話し合いをしてあえて押さなかったんです」と告白。結果、全員がボタンを押し、堤監督も「大変素敵な役者がそろった!」とご満悦だった。


ベストセラー作家・冲方丁による同名原作の実写映画化となった『十二人の死にたい子どもたち』は、安楽死を求める十二人の未成年の登場人物による密室サスペンス・エンターテインメント。ひとりではなく、みんなで楽に死ねることを求めて廃病院に集った彼らだが、すでに十三人目の予期せぬ先客がいて、すでに死んでいた。集まった中に殺人者がいるのではとそれぞれに疑惑の目がいく中、互いの本音がさらけ出される。

新田真剣佑、北村匠海の大きな決断とは?


登場人物は大きな決断をして集まるが、自分たちの人生の大きな決断について尋ねられたキャスト陣。新田真剣佑は、「僕はロスで生まれ育ちまして、日本で役者をやっていくと決断したのが一番の決断かもしれません。悩みませんでしたね。意外とすんなりサッと決められました」とふり返った。


公私共に新田さんと仲良しの北村匠海も、「僕も18のときに、大学か、役者をするかの選択があったので決断でした。芸能一本の決断をしてすぐの作品で、真剣と出会いました。そこから自分にとっては大きな作品にたくさん出られて、いまとなってはすごくいい決断したな、と思います」と感慨深そうに新田さんを見つめる。新田さんは、「いま、初めて知った!」と驚き顔を見せると、北村さんは「そりゃそうですよ。当時は真剣、会話の途中に英語まじりまじりでね」と懐かしそうに思い出話を繰り広げていた。

新田真剣佑/『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア
ジャパンプレミアには、そのほか、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗が登壇した。

『十二人の死にたい子どもたち』は1月25日(金)より全国にて公開。
《cinamacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top