『サスペリア』に大抜擢!新鋭女優ミア・ゴスを監督絶賛「彼女は最高」

実力派女優が豪華共演することでも話題の『サスペリア』で、ダコタ・ジョンソン演じる主人公が舞踏団で初めて友達になる少女を演じた新鋭女優ミア・ゴスに注目した。

映画 洋画ニュース
『サスペリア』場面写真 (C)Courtesy of Amazon Studios
  • 『サスペリア』場面写真 (C)Courtesy of Amazon Studios
  • 『サスペリア』場面写真 (C)Courtesy of Amazon Studios
  • 『サスペリア』場面写真 (C)Courtesy of Amazon Studios
  • 『サスペリア』場面写真 (C)Courtesy of Amazon Studios
  • 『サスペリア』メイン (C)Courtesy of Amazon Studios
  • 『サスペリア』場面写真 (C)Courtesy of Amazon Studios
  • 『サスぺリア』(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved
  • 『サスペリア』本ポスター  (C)Courtesy of Amazon Studios
ダコタ・ジョンソンやティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツと実力派女優が豪華共演することでも話題の『サスペリア』。今回は、ダコタ演じる主人公が舞踏団で初めて友達になる少女を演じた新鋭女優ミア・ゴスに注目した。

>>『サスペリア』あらすじ&キャストはこちらから

『フィフティ・シェイズ』シリーズ3部作で一躍トップ・スターとなった主演のダコタ・ジョンソン、ルカ・グァダニーノ作品の常連であるオスカー女優ティルダ・スウィントン、『キック・アス』で大ブレイク後も数多くの話題作に出演する実力派クロエ・グレース・モレッツなど、豪華女優陣が共演することでも大注目の本作。そんな才能溢れる女優陣の中で、ひと際眩しい光を放つのが若手女優ミア・ゴスだ。

『サスペリア』場面写真 (C)Courtesy of Amazon Studios
「ミュウミュウ(MiuMiu)」や「プラダ(PRADA)」のフレグランスの広告塔を務めるなどモデルとして活躍する一方で、2013年に奇才ラース・フォン・トリアー監督の『ニンフォマニアック Vol.2』に出演。過激なセックス描写が物議を醸した作品だが、シャルロット・ゲンズブールらに囲まれながら堂々の映画デビューを飾った。その後、『The Survivalist』(未/15)での演技が高く評価され、2015年度英国インディペンデント映画賞にて新人賞にノミネートされるなど、着実に女優としてのキャリアを重ねている。

そんな彼女が『サスペリア』では“マルコス・ダンス・カンパニー”のダンサーのひとりであり、舞踏団にやってきたダコタ演じるスージーが最初に友人となるサラを演じる。

『サスペリア』場面写真 (C)Courtesy of Amazon Studios
「私はずっと彼の大ファンだったの。だから、ただ話をするのも、それだけで私にとってすごいことだったわ」と語るほどルカ・グァダニーノ監督の大ファンだったというミアは、自身の演じたサラが、舞踏団のカリスマ振付師であるマダム・ブラン(ティルダ)を盲信する熱烈な支援者から、不可解な出来事の原因を突き止めようとする、些細な疑惑をも見逃さない追跡者へと変化することに好奇心をそそられたというミア。

「彼女は特権階級の出身で、それまで大した苦労もしないできたの。彼女をトラブルに巻き込んだのは、彼女自身の好奇心や執着のせいだっただろう、って監督なら言うかもしれないわね。好奇心で身を滅ぼしたのね」とサラのキャラクターについて意味深に告白。

『サスペリア』場面写真 (C)Courtesy of Amazon Studios
グァダニーノ監督も、オーディションでサラ役を勝ち取ったミアについて「正直言って、この映画の彼女は最高だったよ」とはばかることなく褒めており、まさしく実力派女優の仲間入りを果たしたといえよう。

さらに彼女は『サスペリア』の撮影で「実際に、自信をつけることができた。こんなチャンスはめったにないから、お互い協力しあったの。出来上がりは信じられないほど素晴らしいものだから、期待していた以上の成果だったわね」と語り、本作がさらなるステップアップにつながったようだ。

モデルに女優に大活躍のミア・ゴスから今後も目が離せない。

『サスぺリア』は1月25日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top