リアーナ、実の父親を訴える!「私の名字を利用しないで」

火曜日(現地時間)、リアーナが実の父親であるロナルド・フェンティを訴えたことが明らかになった。

最新ニュース
リアーナ-(C)Getty Images
  • リアーナ-(C)Getty Images
  • リアーナ (C) Getty Images
  • リアーナ-(C)Getty Images
火曜日(現地時間)、リアーナが実の父親であるロナルド・フェンティを訴えたことが明らかになった。リアーナの名字でもある“フェンティ”をあたかもリアーナが関連しているかのように利用し、タレント事務所兼制作会社の「フェンティ・エンターテインメント」を設立したことを問題視しているという。

同社はロナルドが経営パートナーのモーゼス・パーキンス氏と2017年に設立。「The Blast」は2人がリアーナのマネージャーを装い、新しい顧客を獲得しようとしたと報道しており、リアーナ側は「フェンティ氏(ロナルド)はリアーナの父親ですが、彼女の代理人を務めたり、務める権限はいまもこれまでもありません」と主張している。

本名がロビン・リアーナ・フェンティというリアーナは、“フェンティ”を商標登録済みで、化粧品ブランド「フェンティ・ビューティー(FENTY BEAUTY)」とランジェリーブランド「Savage X Fenty」でフェンティの名前を使用している。にもかかわらず、ロナルドはフェンティの名を商標登録しようと申請を試みたり、この名を使ってリゾートホテルの建設を計画したりとやりたい放題。リアーナはそういった行動を止めるよう再三警告を送ったが、ロナルドが無視していたため、ブランドとしてのフェンティの名の使用禁止、これまでの損害賠償を求めてついに訴訟に踏み切ったという。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top