『万引き家族』がアメリカで興行収入200万ドルを突破!さらなる拡大上映も

是枝裕和監督作『万引き家族』がアメリカで2018年、最も興行収入を上げた外国語映画の1本として記録を伸ばしている。

最新ニュース
『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 
  • 『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 
  • 『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 
  • 『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 
  • 『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 
  • 『万引き家族』(C)2018『万引き家族』 製作委員会 
是枝裕和監督作『万引き家族』がアメリカで2018年、最も興行収入を上げた外国語映画の1本として記録を伸ばしている。

「Variety」誌によれば、『万引き家族』はアメリカ国内で木曜日に興行収入200万ドル(約2.2億円)を突破。アメリカでは昨年11月23日からニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコの3都市5館で上映をスタートした『万引き家族』。現在は100館で上映されており、配給会社の「マグノリア・ピクチャーズ」はゆくゆくは150館まで拡大するとみている。それは、来週22日に発表されるアカデミー賞のノミネーションにおいて、外国語映画賞のノミネート作品5本に入るかどうかが大きなポイントとなるようだ。同作は、メキシコの『ROMA/ローマ』(アルフォンソ・キュアロン監督)、韓国の『バーニング 劇場版』(村上春樹原作、イ・チャンドン監督)などとともに、ノミネート作品を選ぶためのショートリストに選出されている。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top