日本人初の快挙!「サンダンス映画祭」審査員特別賞受賞『ウィーアーリトルゾンビーズ』

『ウィーアーリトルゾンビーズ』が、「第35回サンダンス映画祭」コンペティション部門に正式招待、この度見事、日本人初の快挙となる“審査員特別賞”を受賞した。

映画 邦画ニュース
『ウィーアーリトルゾンビーズ』「第35回サンダンス映画祭」(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
  • 『ウィーアーリトルゾンビーズ』「第35回サンダンス映画祭」(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
  • 長久允監督
  • 『ウィーアーリトルゾンビーズ』「第35回サンダンス映画祭」(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
  • 『ウィーアーリトルゾンビーズ』(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
  • 『ウィーアーリトルゾンビーズ』(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
  • 『ウィーアーリトルゾンビーズ』出演者
佐々木蔵之介、永瀬正敏、菊地凛子、池松壮亮らが出演する長久允監督長編映画デビュー作『ウィーアーリトルゾンビーズ』が、「第35回サンダンス映画祭」コンペティション部門に正式招待、この度見事、日本人初の快挙となる“審査員特別賞”を受賞した。

>>『ウィーアーリトルゾンビーズ』あらすじ&キャストはこちらから

2017年、第33回サンダンス映画祭(ショートフィルム部門)にて、日本映画初のグランプリを獲得した長久監督の作品とあって、映画祭期間中、全5回行われた一般上映会では、開場30分前から長蛇の列ができ、上映後には長久監督のもとに多くの観客が押し寄せ、その注目度の高さがうかがえた。

長久允監督長久允監督
現地時間2月2日19時に行われた授賞式では、本作のタイトルが呼ばれると、会場のボルテージは一気に最高潮に。受賞の瞬間、会場は割れんばかりの拍手と歓声の嵐に包まれていた。

『ウィーアーリトルゾンビーズ』「第35回サンダンス映画祭」(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
今回、コンペティション部門での審査員特別賞は、日本人史上初。受賞に関して長久監督は「この作品は僕のすべてをかけて作った作品です。それが皆さんに受け入れてもらってすごくうれしいです。すべての若い人たちに、絶望と戦う力を与えられたら良いなと思います」と喜びを語っていた。

また選出について、審査員のチャールズ・ギルバードは「最後の最後まで驚きに満ち、想像を掻き立てる無限かつ素晴らしい独創性に対し、ワールドシネマドラマティックの審査員特別賞・オリジナリティ賞を贈ります」とコメント。ほかにも、「映像は全てのショットが美しかった。さらに物語も実に共感ができる」(サンダンス映画祭ディレクター:ジョン・クーパー)、「とってもクレイジーで、とても革新的で、すごく新しい!」(審査員:ジェーン・カンピオン)、「長久允は天才だ」(プログラムディレクター:キム・ユタニ)と絶賛している。

『ウィーアーリトルゾンビーズ』(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
「サンダンス映画祭」は、毎年冬のユタ州で開催される国際映画祭。『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』『セックスと嘘とビデオテープ』『ソウ』などのインディペンデント映画を世界的大ヒット作として世に送りだすきっかけとなる映画祭としても有名で、これらは「サンダンスドリーム」と呼ばれ、この映画祭での上映がきっかけで巨額の配給契約を締結し、ワールドヒットを収めた作品やブロックバスター映画に抜擢された監督などが後を絶たない。35回目となる今年は、1月24日から2月3日まで行われていた(現地時間)。

『ウィーアーリトルゾンビーズ』6月より全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top