杉咲花vs橋本環奈、“死にたい理由”から気まずい口論に『十二人の死にたい子どもたち』

『十二人の死にたい子どもたち』から、“7番・アンリ”を演じた杉咲花と“4番・リョウコ”を演じた橋本環奈が口論する緊張感たっぷりの本編映像が解禁。

映画
アンリ&リョウコ『十二人の死にたい子どもたち』(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
  • アンリ&リョウコ『十二人の死にたい子どもたち』(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
  • 『十二人の死にたい子どもたち』4番解禁後 (C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
  • 7番:アンリ/杉咲花『十二人の死にたい子どもたち』(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
  • 4番:リョウコ/橋本環奈『十二人の死にたい子どもたち』(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
  • 『十二人の死にたい子どもたち』公開記念舞台挨拶 杉咲花
  • 『十二人の死にたい子どもたち』公開記念舞台挨拶 橋本環奈
  • 『十二人の死にたい子どもたち』(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
  • 『十二人の死にたい子どもたち』(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
1月25日(金)に公開され、若者たちの間でも現象ともいえるような異様な盛り上がりを見せている『十二人の死にたい子どもたち』。この度、本作の“7番・アンリ”を演じた杉咲花と“4番・リョウコ”を演じた橋本環奈が、死にたい理由を話したことをきっかけに口論へと展開する緊張感たっぷりの本編映像が解禁となった。

>>『十二人の死にたい子どもたち』あらすじ&キャストはこちらから

初週・金土日は観客動員数26万3,398人、興行収入3億3921万8,900円と大ヒットスタートを切った本作。2週目となる3日(日)までの累計で動員数61万3,829人、興行収入7億7597万9,100円と好調を維持。

10代の中高生から20代前半の大学生といった若年層を中心に記録を伸ばしており、特に中高生は3~4人以上でのグループやカップルの姿が目立ち、リピーターも続出中という。

『十二人の死にたい子どもたち』4番解禁後 (C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
そんな中、今回到着した本編映像は、アンリ(杉咲さん)とリョウコ(橋本さん)が対峙する1シーン。息の詰まりそうな緊迫した雰囲気が漂う廃病院で、2人が互いの“死にたい理由”、すなわち自殺することによって果たせる目的を巡り口論に…。


“私の主張は、あなたのおかげで当初の予定よりもはるかに広く伝わるということ”
“死ぬ時まで、誰かに利用されたくはありません”。

それぞれ主張する彼女たちの“死にたい理由”とは、一体何なのか…?

■リアルすぎて「なんか気まずい!」の声も



十二人の死にたい子どもたち
別ベクトルで実力派若手女優へと成長し、本作でついに初共演となった杉咲さんと橋本さん。2人が惜しみなく実力をぶつけ合わせ、演技バトルを繰り広げたこのシーンには、「熱演すぎ。もはや観ちゃいけないもの観た気になった…!」「あのシーン、なんか気まずい!!(笑)」「女子同士の観ちゃいけないケンカを目撃した気持ちになる(笑)」といった声が上がり、話題を呼んでる。

『十二人の死にたい子どもたち』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top