リーアム・ニーソン、復讐する除雪作業員に!『ファイティング・ダディ』をセルフリメイク

リーアム・ニーソンが主演する映画『コールド・パシュート』(原題)が、6月に日本公開決定。リーアムは息子を殺され、復讐を始める除雪作業員役を演じる。

映画
『コールド・パシュート』(原題)
  • 『コールド・パシュート』(原題)
  • 『コールド・パシュート』(原題)
  • リーアム・ニーソン-(C)Getty Images
  • ローラ・ダーン-(C)Getty Images
  • エミー・ロッサム-(C)Getty Images
リーアム・ニーソンが主演する映画『コールド・パシュート』(原題)が、6月に日本公開決定。リーアムは息子を殺され、復讐を始める除雪作業員役を演じる。

雪の町キーホーで模範市民賞を受賞するほどの真面目な除雪作業員ネルズ・コックスマン。ある日、一人息子が麻薬の過剰摂取に偽装され、地元の麻薬王バイキングの組織に殺されてしまう。裏で組織が糸を引いていることに気付いたネルズは、ある時は素手で、ある時は銃で、ある時は除雪車で、一人また一人と敵を殺していく。しかし、敵対するネイティブアメリカン麻薬組織の仕業と勘違いしたバイキングは、ネイティブ組織を襲撃。相手もその報復に出る――。

監督は、ノルウェーの鬼才ハンス・ペーター・モランド。ステラン・スカルスガルド主演で製作した自身の監督作『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』(’14)を、今回ハリウッドでセルフリメイクした。

主演のリーアムが演じるのは、除雪キャリアで身に付けた土地勘と体力で敵を追い詰める、模範市民賞を受賞するほど真面目な除雪作業員ネルズ。息子を殺され、復讐を開始するが、敵はクセモノばかり。健康志向の麻薬王や見かけ倒しの金髪モヒカンチンピラ、依頼をチクる殺し屋など登場人物ほぼ全てが強烈。さらに敵が敵を呼び、復讐は思わぬ方向に…。


また共演には、『ジュラシック・パーク』シリーズや『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のローラ・ダーン、『オリエント急行殺人事件』のトム・ベイトマン、『デイ・アフター・トゥモロー』のエミー・ロッサム、ジュリア・ジョーンズ、ウィリアム・フォーサイスらが出演する。

ローラ・ダーン-(C)Getty Imagesローラ・ダーン
2月8日に世界で封切られた本作は、12か国で初登場No.1の好スタートを記録。米大手映画レビューサイトROTTEN TOMATOESでは75%フレッシュ(2/12現在)を獲得、リーアム主演の他作品と比べてもトップレベルの高評価とあって、公開に期待が高まる。

『コールド・パシュート』(原題)は6月、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top