「出番なし」報道のハーレイ・クイン、『スーサイド・スクワッド2』に再登場か?

先週、『スーサイド・スクワッド』スピンオフとして企画されていたジャレッド・レト主演のジョーカー単独映画、ジョーカー&ハーレイ・クインのカップルを主人公とした映画の製作が頓挫したことが明らかになった。

最新ニュース ゴシップ
マーゴット・ロビー-(C)Getty Images
  • マーゴット・ロビー-(C)Getty Images
  • マーゴット・ロビー-(C)Getty Images
  • マーゴット・ロビー-(C)Getty Images
  • ハーレイ・クイン/『スーサイド・スクワッド』 (c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • ジャレッド・レト-(C)Getty Images
先週、『スーサイド・スクワッド』スピンオフとして企画されていたジャレッド・レト主演のジョーカー単独映画、ジョーカー&ハーレイ・クインのカップルを主人公とした映画の製作が頓挫したことが明らかになった。ジャレッド演じるジョーカーは『スーサイド・スクワッド2』(仮題)に再登場することもないとのことで、それにより、同作でマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインも「出番なし」と「Forbes」誌が伝えていた。

しかし、今週に入って関係者が「製作関係者によれば、新しい『スーサイド・スクワッド』にハーレイ・クインの出番がないという情報は、最新ではなかったようです。ジェームズ・ガン監督の『スーサイド・スクワッド』には、ハーレイ・クインが再登場することが確実視されています。製作は今年後半に始まるでしょう」と同誌に語ったという。

『スーサイド・スクワッド』が公開された2016年、ハーレイ・クイン役について「永遠に演じたいな。本当に長く演じることができると思うわ。だってこの役って、ずーっと掘り下げていけるし、発見もいっぱいあるタイプのキャラクターなんだもの」と「ComicBook」に語ったマーゴット。まずは2020年2月7日(アメリカ)にハーレイ・クインを主役とした『Birds of Prey』(原題)で、そして2021年8月6日(アメリカ)に再び『スーサイド・スクワッド2』で“悪カワ”ぶりを発揮するだろう。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top