千葉雄大と松田翔太の“抱擁”に「神回」の声も…「家売るオンナの逆襲」7話

北川景子が“家を売りまくる”主人公を演じて人気の「家売るオンナの逆襲」。2月20日放送の第7話では社会に鋭く切り込むテーマや足立と留守堂の熱い“抱擁”シーンに視聴者が沸いている。

最新ニュース スクープ
「家売るオンナの逆襲」第7話 (C) NTV
  • 「家売るオンナの逆襲」第7話 (C) NTV
  • 「家売るオンナの逆襲」第7話 (C) NTV
  • 「家売るオンナの逆襲」第7話 (C) NTV
  • 「家売るオンナの逆襲」第7話 (C) NTV
  • 「家売るオンナの逆襲」第7話 (C) NTV
  • 「家売るオンナの逆襲」第7話 (C) NTV
  • 「家売るオンナの逆襲」第7話 (C) NTV
  • 「家売るオンナの逆襲」第7話 (C) NTV
北川景子が“家を売りまくる”主人公を演じて人気の「家売るオンナの逆襲」。2月20日放送の第7話では社会に鋭く切り込むテーマや足立と留守堂の熱い“抱擁”シーンに視聴者が沸いている。

家を売って売って売りまくる伝説の不動産屋・三軒家万智を北川さんが演じる本作。北川さんのほか、万智の幼なじみでフリーの天才不動産屋・留守堂謙治に松田翔太、万智の夫で上司でもあるテーコー不動産の課長・屋代大に仲村トオル、“色恋営業”で成績を上げてきたが留守堂に恋してしまった営業マン・足立に千葉雄大、若手熱血営業マン・庭野に工藤阿須加、元テーコー不動産社員の白洲美加にイモトアヤコ、その他鈴木裕樹、梶原善、イモトアヤコ、臼田あさ美、草川拓弥、長井短らが出演。さらに屋代が行きつけのスーパーで出会う店長の三郷楓に真飛聖といったキャスト。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
輝く女性社員の活躍をアピールするためテーコー不動産は「ウーマンプロジェクト」を立ち上げ、万智をはじめ屋代の元部下で今は本社勤務のキャリアウーマン・朝倉雅美(佐藤江梨子)や、ワーキングマザーの宇佐美サキ(佐津川愛美)がメンバーに選ばれる。

だが既婚者だが子どもはいらない派の雅美と、ワーキングマザーである自分中心に物事を考えるサキとの意見が衝突する。万智に仲間意識を感じた雅美はボーリングに誘うがなんと万智は未経験で「0点」という信じられない記録を出す。


その後雅美から家探しを相談された万智が物件を紹介すると、なんとそこにサキと留守堂も現れる。保育園に近く育児がしやすいという理由から、自分がこの家を買うべきと主張するサキと、馴染みの鍼灸院に近いという理由で家を買おうとしている雅美は対立。家の購入権を巡り万智vs留守堂がボウリング対決することになる…というのが今回のストーリー。


結局雅美が購入権を獲得するがサキは納得がいかず引き下がらない。そんなサキに万智は夫の会社から近い別の家を提案、夫との家事の分担を提案する…というラスト。


働き方を巡る女性同士の対立というテーマに「女性が輝く社会って何?とか色んなモヤモヤをスカッと晴らしてくれる名言続出」「凄い切り込んだ内容だった」などの声が続々と寄せられている今回。

一方でフェンシング教室の更衣室で足立と留守堂が抱き合うシーンにも多くの視聴者が反応。留守堂に切なげな声ですがるように抱きつく足立に「今日は神回」「今日の足立は尽くす系でかわいかった」「松田翔太にせまる千葉雄大がかわいい」などの反応が殺到。


「松田翔太と千葉雄大の推し俳優2人が同じ画面に収まってるだけで幸せだったのに、それを超えてくるドラマ」と絶賛する声も寄せられている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top