高畑勲展、東京国立近代美術館で夏開催!未発表資料を通して秘密に迫る

高畑勲監督の業績を総覧する展覧会が、東京国立近代美術館で開催されることが分かった。

最新ニュース スクープ
「高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの Takahata Isao: A Legend in Japanese Animation」展覧会メインビジュアル
  • 「高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの Takahata Isao: A Legend in Japanese Animation」展覧会メインビジュアル
  • 「高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの Takahata Isao: A Legend in Japanese Animation」展覧会メインビジュアル
  • 高畑勲監督
戦後の日本のアニメーションの基礎を築き、昨年4月5日に亡くなった高畑勲監督の業績を総覧する展覧会「高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの Takahata Isao: A Legend in Japanese Animation」が、東京国立近代美術館で開催されることが分かった。

スタジオ・ジブリ設立に携わった人物であり、『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』『かぐや姫の物語』など数々の名作を手掛けてきた高畑監督が、日本のアニメーションに遺したもの、その業績を総覧する初の回顧展。

高畑勲監督
展覧会は4章構成となっており、「1章 出発点─アニメーション映画への情熱」では劇場用長編初演出(監督)となった『太陽の王子 ホルスの大冒険』などにスポットを当て、「2章 日常生活のよろこび─アニメーションの新たな表現領域を開拓」では「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」などのTVアニメにおいて、宮崎駿らとのチームワークを絵コンテ、レイアウト、背景美術によって検証し、高畑演出の秘密に迫る。

さらに、「3章 日本文化への眼差し─過去と現在との対話」では、『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』などから、日本人の戦中・戦後の経験を現代と地続きのものとして語り直す話法の創造と、“里山”というモチーフの展開に注目。そして、手描き風アニメーションや水墨画のような表現で注目を集めた『かぐや姫の物語』などにフォーカスした「4章 スケッチの躍動─新たなアニメーションへの挑戦」で構成される。

これまで未発表だった高畑監督の制作ノートや絵コンテなどの貴重な資料を通して、高畑演出術の秘密に迫る本展覧会。絵を描かない監督が、どのようにして歴史に残るアニメーションをつくったのか? ほかのクリエイターたちとの交流や共同制作の過程を通して明らかにしていく。

なお、東京のほかにも今後、岡山での開催も予定しているという。

「高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの Takahata Isao: A Legend in Japanese Animation」は7月2日(火)~10月6日(日)東京国立近代美術館1階 企画展ギャラリーにて開催。※休館日あり
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top