亀梨和也、ソロで初ドラマ主題歌! 「気が引き締まる思い」

「ストロベリーナイト・サーガ」の主題歌を、主演の亀梨和也が担当することが分かった。

最新ニュース スクープ
木曜劇場「ストロベリーナイト・サーガ」(C)フジテレビ
  • 木曜劇場「ストロベリーナイト・サーガ」(C)フジテレビ
春ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」の主題歌を、主演の亀梨和也が担当することが分かった。亀梨さんがドラマ主題歌を“ソロ”で担当するのは、今回が初となる。

「Rain」と名付けられた主題歌は、本作に登場するそれぞれに事情を抱え、もがき苦しみながらも懸命に生きる人間たちの心を優しく包み込むような、深い愛をテーマに制作。ドラマチックな物語を切なく、そして優しく彩る。

「これまでにもソロの楽曲を歌う機会はありましたが、今回は“主題歌”ということで、自分にとって新たなチャレンジですし、気が引き締まる思いです」と今回の主題歌担当への思いを語り、「『ストロベリーナイト・サーガ』は刑事ドラマであると同時に、人間ドラマを描く作品だと思っています。作品の内容とリンクできるように、登場人物たちの心に寄り添い、交じり合いながら、憂いや温かみを感じられる楽曲を作っていければと思っています。そして、週に一回、ドラマの映像と共に、この楽曲を視聴される方々がそれぞれの受け取り方で楽しんでいただければ嬉しいです」とコメントしている。

また先日、都内某所の地下駐車場にて撮影されたポスタービジュアルが到着。“いちご”、“パトカーのランプ”、“血”…と全面ストロベリーカラーのスタイリッシュなポスターとなっている。

ノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事・姫川玲子(二階堂ふみ)、謹厳実直な巡査部長・菊田和男(亀梨和也)のコンビに加え、姫川の背後には江口洋介演じるガンテツこと、警部補の勝俣健作の姿が。敵なのか味方なのか、得体の知れない不気味な存在感を放っている。

なお、本ポスターは3月25日(月)よりJR渋谷駅、新宿駅、池袋駅にて先行掲出、4月1日からは恵比寿駅(東京メトロ日比谷線ホーム)、大宮駅でも展開予定だ。

第1話あらすじ


警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係。ノンキャリアにも関わらず27歳という若さで警部補まで成り上がった姫川玲子(二階堂ふみ)は、年上の巡査部長・石倉保や巡査の湯田康平、そして姫川を心底尊敬し慕う“一番弟子”の大塚真二を姫川班として率いている。そこへ一人の巡査部長・菊田和男(亀梨和也)が異動してくる。

そんな中、葛飾区の公園内にあるため池付近でブルーシートに包まれた変死体が発見された。死因は出血性ショック死で、薄型の刃物で切り付けられたような細かい傷が94箇所。ため池は人命に関わる危険な寄生アメーバ“ネグレリアフォーレリ”が繁殖しており一切遊泳禁止となっていた。この1か月以内に“ネグレリアフォーレリ”に感染し死亡した人間がいることを探り出した姫川は、死体を遺棄する人間のほかに、死体をため池に沈める人間がいると推測し水中捜査を依頼。すると、姫川の読み通り、切創が酷似した別の遺体が出てきた…。

木曜劇場「ストロベリーナイト・サーガ」は4月11日より毎週木曜日22時~フジテレビ系にて放送。※初回2時間スペシャル(21時~)
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top