水樹奈々&竹中直人、キャプテン・マーベルこそが「最強」と太鼓判

マーベル・スタジオ初の女性ヒーロー単独主演作『キャプテン・マーベル』のジャパンプレミアが3月13日(水)、都内で行われ、日本語吹き替えキャストの水樹奈々(キャプテン・マーベル役)、竹中直人(ニック・フューリー役)が出席した…

最新ニュース
水樹奈々、竹中直人、ミキ『キャプテン・マーベル』ジャパンプレミア
  • 水樹奈々、竹中直人、ミキ『キャプテン・マーベル』ジャパンプレミア
  • 水樹奈々『キャプテン・マーベル』ジャパンプレミア
  • 水樹奈々『キャプテン・マーベル』ジャパンプレミア
  • 竹中直人『キャプテン・マーベル』ジャパンプレミア
  • 竹中直人『キャプテン・マーベル』ジャパンプレミア
  • 『キャプテン・マーベル』ジャパンプレミア
マーベル・スタジオ初の女性ヒーロー単独主演作『キャプテン・マーベル』のジャパンプレミアが3月13日(水)、都内で行われ、日本語吹き替えキャストの水樹奈々(キャプテン・マーベル役)、竹中直人(ニック・フューリー役)が出席した。

■水樹奈々、役作りのために腹筋!「全力で思いをぶつけた」


記憶を失った代償に“規格外の強大な力”を得た主人公が、地球に舞い降り、自身のルーツと真の敵を知り、キャプテン・マーベルとして目覚める。アベンジャーズ結成以前の1990年代が舞台になっており、4月26日(金)に公開される『アベンジャーズ/エンドゲーム』にも大いにリンクする内容に仕上がっている。

水樹奈々『キャプテン・マーベル』ジャパンプレミア
「アベンジャーズ」シリーズ初参戦となる水樹さんは「本当に光栄に思っております」と感激しきり。これまでもアニメ作品を中心に“強い女性”を演じているが「たぶん彼女が最強だと思います!」と太鼓判を押し、「複雑な心理描写に、まさかのどんでん返しまで。一瞬たりとも目が離せない。私も(主演の)ブリー・ラーソンさんのように、腹筋をして、しっかり体を作って、たくさんご飯を食べて、全力で思いをぶつけてまいりました」と力強く語っていた。

■竹中直人、頭をなでなで…30年前は髪ふさふさ?


一方、ニック・フューリー役を続投する竹中さんは「再び、演じられるなんて思っていなかった。ビックリ」と驚きの様子。確かに昨年公開された『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を見ていれば、その気持ちも納得…。

竹中直人『キャプテン・マーベル』ジャパンプレミア
とはいえ、本作は1990年代が舞台になっており、演じるのは若き日のニック・フューリー。「同じ役なのに、いままでの声色が使えないのは、すごく不思議な体験。30年前なんで、私にもニックにも髪の毛がある(笑)」と自身の頭部をなでなでしながら、笑いを誘った。また、主人公のキャプテン・マーベルについては「アベンジャーズの中で一番強い!」とお墨付きを与えていた。

■日本語吹き替えに、豪華キャストが集結!


アカデミー賞女優のブリー・ラーソンをはじめ、ジュード・ロウら豪華キャストが出演する本作だが、日本語吹き替え版にはそれに負けない声優陣が集結! 水樹さん、竹中さんに加えて、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』でもジュード扮するダンブルドア先生の声を担当した森川智之、日笠陽子、安元洋貴、日野聡、関俊彦らがキャラクターに命を吹き込む。

なお、ジャパンプレミアには、マーベル作品の大ファンだという人気お笑い兄弟コンビ・ミキの昴生、亜生が駆けつけた。

『キャプテン・マーベル』は3月15日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top