映画史に輝く“ビューティフル・ボーイ”たち…キャリアの岐路で出会った役の共通点とは!?

『君の名前で僕を呼んで』に続いて『ビューティフル・ボーイ』に出演するティモシー・シャラメ。映画史を紐解いていくと、輝かしいオスカー俳優たちも過去に2つの役柄を演じ、俳優としての才能を開花させ、注目を集めてきた。

映画
『ビューティフル・ボーイ』(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
  • 『ビューティフル・ボーイ』(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
  • 『ビューティフル・ボーイ』(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
  • 『ビューティフル・ボーイ』(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
  • 『ビューティフル・ボーイ』(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
  • 『ビューティフル・ボーイ』ポスタービュジュアル(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
  • 『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture
  • 『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture
  • 『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture
『君の名前で僕を呼んで』で初主演ながらアカデミー賞主演男優賞候補となり、世界中から熱狂的な賛辞が贈られたティモシー・シャラメ。彼の最新作となる『ビューティフル・ボーイ』では一転、薬物依存と闘う青年を「自分を100%捧げた」というほどの役作りを重ねて演じ切った。

彼の俳優人生でターニングポイントとなったのは、繊細で卓越した演技力が要求される“同性愛者”と“薬物依存者”という2つの役柄。映画史を紐解いていくと、輝かしいオスカー俳優たちも過去にこの2つの役柄を演じ、俳優としての才能を開花させ、注目を集めてきた。今回は、多くのビューティフル・ボーイたちが演じてきた2つの役柄に注目した。

■レオナルド・ディカプリオ 『太陽と月に背いて』&『バスケットボール・ダイアリーズ』


『レヴェナント:蘇えりし者』で念願のアカデミー主演男優賞を受賞した、世界的なスター俳優レオナルド・ディカプリオ。彼はキャリアの初期、『太陽と月に背いて』(95)において、フランス文学史上に残る詩人アルチュール・ランボーを演じ、同じく詩人であったポール・ヴェルレーヌとの破滅的な愛を全身で表現。

『太陽と月に背いて』(C)APOLLO
また同年に公開された初主演作『バスケットボール・ダイアリーズ』は、バスケットボールに夢中な“不良少年”がドラッグに手を出したことがきっかけで破滅の道をたどる様を描いた青春ドラマ。ティモシー同様に美しく堕ちていく様を体現した。

『バスケットボール・ダイアリーズ』(C)APOLLO

■キアヌ・リーブス 『マイ・プライベート・アイダホ』&『スキャナー・ダークリー』


『スピード』『マトリックス』『ジョン・ウィック』などのシリーズでその人気を確かなものにしたキアヌ・リーブス。彼は『マイ・プライベート・アイダホ』(91)で、市長の息子として裕福な家庭に生まれながらも、見せかけの環境を飛び出し、男娼として生活をする主人公スコットを演じた。突然眠り込んでしまうナルコプシーという病を抱えながら彼に恋するマイクを演じたリヴァー・フェニックスは、将来を期待されながらも本作公開の2年後にドラッグの過剰摂取により急逝。

『マイ・プライベート・アイダホ』(C)APOLLO
その後、『マトリックス』後に出演した『スキャナー・ダークリー』(06)では“物質D”とよばれる強力な麻薬がはびこる近未来のアメリカを舞台に、潜入捜査官フレッドことボブ・アークターが自身もドラッグにおぼれ、現実と妄想が入り混じる旅を、実写映像をアニメーション化する手法で描いた。

『マイ・プライベート・アイダホ』(C)APOLLO

■ヒース・レジャー 『ブロークバック・マウンテン』&『キャンディ』


アメリカ中世部を舞台に20年間に渡り惹かれ合う2人の男を描いた『ブロークバック・マウンテン』(05)にてアカデミー主演男優賞にノミネート。共演は徹底した役作りでカメレオン俳優といわれるジェイク・ギレンホール。「普遍的なラブストーリー」として同作品賞にノミネートされるも、受賞には至らず様々な憶測を呼んだ。

『ブロークバック・マウンテン』(C)APOLLO
一転、『キャンディ』(06)では詩人志望の青年を演じ、恋人の画家志望のキャンディと互いに愛し合いながらもドラッグに溺れて転落していく道のりが描かれた。ヒースは『ダークナイト』撮影直後に処方薬の併用摂取で亡くなり、死後にアカデミー賞を受賞した。

『キャンディ』(C)APOLLO

■ユアン・マクレガー 『ベルベット・ゴールドマイン』『トレインスポッティング』


デヴィッド・ボウイを意識して作られたといわれる『ベルベット・ゴールドマイン』(98)。70年代にカリスマ的人気を誇ったバイ・セクシャルのロックスター、ブライアン・スレイドをジョナサン・リース・マイヤーズが演じ、ユアン・マクレガーは彼の人生に多大なる影響を与えるヴォーカリスト、カート・ワイルドを熱演。美形俳優たちの耽美な共演に多くの人が熱狂した。

『ベルベット・ゴールドマイン』(C)APOLLO
ジャンキーの役で、彼の名を世界中に知らしめた作品といえば、スコットランドを舞台に、ヘロイン中毒の若者たちの日常を斬新な映像感覚で描いた『トレインスポッティング』(96)。2017年には20年ぶりの続編となる『T2 トレインスポッティング』も公開され、話題となった。

『T2 トレインスポッティング』

■ルーカス・ヘッジズ 『レディ・バード』『ある少年の告白』『ベン・イズ・バック』


ティモシーと『レディ・バード』(17)で共演し、プライベートでも仲がいいことで知られるルーカス・ヘッジズは、同作において自らが同性愛者であることを家族に言えない苦悩を抱えるダニーを演じた。その事実が発覚するシーンは主人公レディ・バード(シアーシャ・ローナン)同様に観る者を驚かせた。

『レディ・バード』(C)2017 InterActiveCorp Films, LLC./Merie Wallace, courtesy of A24
そして、NYタイムズ紙によるベストセラーに選ばれた実話を元にした『ある少年の告白』(18)では、両親によって同性愛を“治す”矯正セラピーに通わされるジャレッドを好演。さらに、ドラッグ依存症の療養施設から抜け出し、家族の元に戻ってきた息子ベンを演じるジュリア・ロバーツ共演『ベン・イズ・バック』と立て続けに出演作が控える。

『ベン・イズ・バック』 (C)2018- BBP WEST BIB, LLC

■ティモシー・シャラメ 『君の名前で僕を呼んで』&『ビューティフル・ボーイ』


ティモシーを一躍世界的スターダムに押し上げた作品は、自身の主演男優賞を含むアカデミー賞4部門にノミネートされ、見事脚色賞を受賞した『君の名前で僕を呼んで』。17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを共演のアーミー・ハマーと見事に体現し、世界中から熱狂的な賛辞が贈られた。

『君の名前で僕を呼んで』 (C)Frenesy, La Cinefacture
その後『ビューティフル・ボーイ』においては、8年という長い歳月をかけてドラッグ依存を克服し、いまやNetflixオリジナルシリーズ「13の理由」の脚本家として活躍するニックを繊細に演じ、再び世界中を魅了している。

『ビューティフル・ボーイ』(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
『ビューティフル・ボーイ』は4月12日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top