山崎賢人ら『キングダム』Wプレミアに登場!吉沢亮&本郷奏多は“顔”の褒め合い合戦

山崎賢人が主演を務める映画『キングダム』のワールドプレミアレッドカーペットイベントが3月27日(水)、六本木ヒルズアリーナにて行われ、山崎さんのほか共演の吉沢亮らキャスト全9名が出席し、700名の観客とのグリーティングを楽しんだ。

最新ニュース
山崎賢人ら『キングダム』Wプレミアに登場!吉沢亮&本郷奏多は“顔”の褒め合い合戦
  • 山崎賢人ら『キングダム』Wプレミアに登場!吉沢亮&本郷奏多は“顔”の褒め合い合戦
  • 山崎賢人ら『キングダム』Wプレミアに登場!吉沢亮&本郷奏多は“顔”の褒め合い合戦
  • 山崎賢人ら『キングダム』Wプレミアに登場!吉沢亮&本郷奏多は“顔”の褒め合い合戦
  • 山崎賢人ら『キングダム』Wプレミアに登場!吉沢亮&本郷奏多は“顔”の褒め合い合戦
  • 山崎賢人ら『キングダム』Wプレミアに登場!吉沢亮&本郷奏多は“顔”の褒め合い合戦
  • 山崎賢人ら『キングダム』Wプレミアに登場!吉沢亮&本郷奏多は“顔”の褒め合い合戦
  • 山崎賢人ら『キングダム』Wプレミアに登場!吉沢亮&本郷奏多は“顔”の褒め合い合戦
  • 山崎賢人ら『キングダム』Wプレミアに登場!吉沢亮&本郷奏多は“顔”の褒め合い合戦
山崎賢人が主演を務める映画『キングダム』のワールドプレミアレッドカーペットイベントが3月27日(水)、六本木ヒルズアリーナにて行われ、山崎さんのほか共演の吉沢亮らキャスト全9名に加え、佐藤信介監督、原作者の原泰久も出席し、700名の観客とのグリーティングを楽しんだ。


■原作者・原氏「5回くらいダラダラ泣きました」


『キングダム』は累計発行部数3800万部超を記録する、原氏による大ヒットコミックを実写映画化。紀元前245年、春秋戦国時代の中華「秦」にて、戦災孤児の少年・信(山崎さん)と漂(吉沢さん)は、いつか天下の大将軍になるという夢を抱いていた。漂は王都の大臣により召し上げられ王宮に入るが、王弟・成きょう(本郷奏多)のクーデターにより息絶えてしまう。敵討ちを誓う信は、戦いに乗り出していく。


一足早く完成作を観たという登壇陣は、「世界に通用する作品ができた」、「日本映画の記録を更新するような素晴らしいエンターテインメント作品」など、異口同音に自信をのぞかせた。脚本も担当したという原氏は「成功したなって思ったのは、泣けるんです。心から泣けるシーンがたくさんあるとまさに『キングダム』だ、って言えますね。僕5回くらいダラダラ泣きました」とお墨付きだとして、山崎さんらキャスト陣を湧かせた。

■吉沢亮と本郷奏多の褒め合い合戦に、満島真之介「こいつら、わけえな」


本作においてヒールとなる成きょうを演じた本郷さんは、「なるべく憎たらしく見えたほうがいいな、観ている人が“こいつ嫌いだな”って思ってもらえるようにしたい、と思って。自分で観て“うわ、こいつ嫌いだな”って思いました。成功ってことですね(笑)」と頬をゆるめる。


吉沢さんとは兄弟役となったが、「吉沢さん、顔格好いいですよねえ、兄弟うれしいです」とニッコリすると、吉沢さんのほうから逆に「いやいや! おキレイな顔をされていて! 僕は、成きょうが大好きでしたね。悪党具合が突き抜けていたから、逆に格好いいなって。めっちゃ格好よかったっす!!」と褒め合い合戦。


そんな様子を眺めていた満島真之介は、「このチーム、みんなを褒め合うんです! 最初は“こいつら、わけえな”って聞いていたんですけど、それが不思議といいチームになっていく。とてもいいなって思ったし、画に映っています」と説得力を持って説明。


若い俳優たちとの共演となった大沢たかおも、「後輩っていう感覚はなくて、皆さんプロだし、逆に僕は一途さ、作品に懸ける思い、情熱、熱さ…僕は誰にも負けないつもりだったけど、若いチームが、本当に熱を持って現場にいたのはすごくうれしかった」と感慨深げに優しい眼差しで語った。


最後に山崎さんは、「本当にみんなの『キングダムへ』の思いはすごくて、原作の原先生も力も貸してくださって、本当にすごい作品ができあがった。自信を持って面白いと言える作品です」と煌々と瞳を輝かせてPRした。

そのほか、ワールドプレミアレッドカーペットイベントには長澤まさみ、橋本環奈、高嶋政宏、要潤も出席した。


『キングダム』は4月19日(金)より全国にて公開。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

特集

page top