エヴァ・グリーン「10代の頃はシャイだった」T・バートンが信頼する俳優たちの共通点

『ダンボ』の出演者エヴァ・グリーンをはじめとするバートン監督が信頼する俳優たちは皆、コンプレックスに悩んだ過去を持つという共通点があることが分かった。

映画 洋画ニュース
『ダンボ』(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
  • 『ダンボ』(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
  • 『ダンボ』(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
  • 『ダンボ』(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
  • 『ダンボ』(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
  • 『ダンボ』(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
  • 『ダンボ』(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
  • 『ダンボ』(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
  • 『ダンボ』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
個性の素晴らしさを描き続けてきた鬼才ティム・バートン監督がディズニーとともに生み出した実写映画『ダンボ』。この度、エヴァ・グリーンをはじめとするバートン監督が信頼を寄せる俳優たちは皆、コンプレックスに悩んだ過去を持つという共通点があることが分かった。

>>『ダンボ』あらすじ&キャストはこちらから

エヴァ・グリーン「やがて自分が変だと信じるようになってしまった」


本作の主人公は、“普通と違う大きすぎる耳”を持つ子ゾウのダンボで、その個性によってサーカスの観客から笑いものにされてしまう。

『ダンボ』(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
大都会ニューヨークの巨大テーマパーク“ドリームランド”の曲芸師コレットを演じ、バートン監督とのタッグが本作で3作目となるエヴァ・グリーンは、「10代の頃はシャイで、友人の誕生日パーティーにも滅多に顔を出さず、ほとんどしゃべらなかったから“変人”だと言われていたの。あまりにも繰り返し変人と呼ばれるため、自分ではそういう感覚がなくても、やがて自分が変だと信じるようになってしまったの」と告白。ダンボ同様に、周囲が決めつけた“評価”に悩んだことがあるという。

ダニー・デヴィート「身長のおかげでシェイクスピア劇の役をゲットしたんだ」


バートン監督作品に4度目の出演となるダニー・デヴィートもまた、「かつては、5フィート(約152cm)の身長に悩んでいた」と語る。

『ダンボ』(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
しかし、「身長を不利に感じていた」デヴィートは「俳優をはじめたばかりの頃は、オーディションに行くとまずは身長に驚かれるんだけど、“『ウィンザーの陽気な女房たち』の召使い役のために多くの俳優のオーディションをしたけど、そういえばあの小男、あのダニーっていう奴に決まりだ”って感じだったらしいんだ。僕は他人とは違った身長のおかげでシェイクスピア劇の役をゲットしたんだよ」と、その個性を強みに変えたエピソードも明かす。

コリン・ファレル「ダンボは、大きな耳を欠点だとは思っていない」


「僕も、自分の外見で悩んでいた時期があった」と語るのは、本作でバートン監督と初タッグを組み、サーカス団の元看板スターのホルトを演じたコリン・ファレル。

『ダンボ』(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
彼も自身の容姿にコンプレックスを抱えていたと明かしつつ、「実はダンボは、自分の大きな耳を欠点だとは思っていない。そう思うのは周りのくだらない人間だけだ。ダンボが自分の個性に気づく前に周囲の連中が変だと決めつける。でも、彼は大きな耳で宙を舞うことができるんだ」と力強く語り、「はじめは、欠点に映っていたものが、物語を通して、称賛するものだと気づいていくんだ」と、劇中のダンボもまたエヴァやダニーのエピソードにも共通する体験をしていくという。

『ダンボ』(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
コンプレックスに悩んだ過去を持つキャストを集結させたバートン監督は、自身も「私は“変わっている”というレッテルを貼られた。なぜなら子供なのに、モンスター映画が大好きだったせいだ。子供の時に感じた、自分は人とは違うという気持ちは決してなくならないものだ」と言う。

幼少期に他人と違うと周囲に評価された経験から、個性の尊さを誰よりも知り、ダンボの大きすぎる耳に代表されるように個性は欠点ではなく、かけがえのない素晴らしいものだというメッセージを『シザーハンズ』や『チャーリーとチョコレート工場』、『アリス・イン・ワンダーランド』などでもキャラクターを通して伝え続けてきたのだ。

ティム・バートン監督『ダンボ』
引き離された母を助けるため、サーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出すダンボ。個性を強みに変えた新たな「ダンボ」の物語はどんな感動を届けてくれるのか、楽しみにしていて。

『ダンボ』は3月29日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top